くしゃみや目のかゆみなどを引き起こし、多くの人を悩ませている花粉症

政府が対策を発表するなど、社会問題にもなっています。

そんな花粉症ですが、発症するのは、人間だけなのでしょうか。

空気中の花粉が原因なら、ほかの動物にも影響しそうですが…。

犬や猫も花粉症になる?

動物病院の運営および往診サービスを提供している、株式会社TYL(以下、TYL)によると、「犬や猫も花粉症になる」とのこと!

TYL取締役兼アニホック動物病院グループ総獣医師長の藤野洋さんによると「季節性のアレルギー症状によって、結膜炎や鼻炎症状、皮膚のかゆみが起こり、春の時期は、動物病院の受診が増えることもある」とのことです。

しかし、犬猫の飼い主428名に「ペット(動物)も花粉症になることを知っていますか?」と質問すると…。

TYLの質問結果の画像

約半数の飼い主が「犬や猫にも花粉症があることを知らない」という結果になりました。

また「飼っている犬または猫は、今年花粉症アレルギー)の症状が出ましたか?」という質問をした結果がこちら。

TYKの質問結果の画像

約75%の人が「いいえ」か「わからない」と回答しています。

この結果から、飼い主が犬や猫が花粉症になることを知らず、発症していても気が付けていないケースもあると考えられますね。

では、実際に愛犬や愛猫が花粉症と疑わしい時には、どうすればいいのでしょう。

藤野さんによると、アレルギー対策の基本は「アレルギー物質に接触させない」ことだそうです。

「散歩中にアレルギーの可能性のあるものに接触させない。身体に付着した場合はふき取るようにする」ことが、対策になるとのこと。

耳を拭かれる犬の画像

※写真はイメージ

動物病院によっては、採血など、さまざまな方法でアレルギー検査を行える所もあるようです。

まずは、多くの飼い主が「犬や猫も花粉症を発症する可能性がある」という事実を知ることが、愛犬や愛猫と健康に過ごす第一歩かもしれませんね。


[文・構成/grape編集部]

※写真はイメージ