数多くのコーヒーショップがある日本。

街によっては、どこへ入ろうかと迷うほど選択肢があります。

時と場合によって使い分けるために、メニューの種類や電源の有無などの特徴を把握している人もいるでしょう。

『ドトール』の好きなところ

「『ドトール』にあって、『スターバックス』にないもの」

企業家である桂大介(@dkatsura)さんは、そんな一文とともに1枚の写真をX(Twitter)に投稿しました。

あなたは桂さんの言葉で、何が思い浮かんだでしょうか。

コーヒーチェーン店の『ドトール』と『スターバックス』の違いは、きっとたくさんあります。しかし、いざ考えてみると悩ましいですね。

桂さんが思う正解は…。

ドトールのレシート写真

「それは『アスキーアート』である」

文字や記号を使ってイラストを描く『アスキーアート(通称:AA)』は、まだネット掲示板などで画像を表示できなかった頃に流行。

ネットの発達によって使用される場面が減っていきましたが、2024年現在も、まだ人々から愛されているようです!

そのかわいさから、ドトールレシートは好評で、多数のコメントが寄せられました。

・文字だけだと読まないから、目立っていいと思う!

・お店によって違うのかな。別の店舗では、ハート柄でかわいかったです!

・おかしいな。時代はもう令和だぞ

レシート用に入力した経験がありますが、打つのが地味に面倒なんですよね。

レシートをすぐに捨ててしまうと、こういう面白さに気付けないのか…。惜しいことをした。

どうやら、店の裁量によって、ドトールレシートはさまざまなデザインになっているようですね。

昨今ではレジの横に置かれた専用の箱に、すぐレシートを捨てていく人が多いもの。

アスキーアート以外でも、面白い発見があるかもしれないので、たまにはじっくりとレシートを眺めてみてはいかがでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
@dkatsura
※写真はイメージ