詳細画像はこちら

ポルシェの「GT」として真っ当か

ポルシェは、モデルを進化させる過程で、GTを名乗る高速仕様を追加してきた。タイカンにGTが登場しても、まったく不思議ではない。ただし、2019年に1100馬力超えのターボGTを発表していたら、暴力的な速さへ否定の声があがった可能性はある。

【画像】怒涛の1108馬力 ポルシェ・タイカン・ターボGT ヴァイザッハ・パッケージ 競合クラスの電動サルーンと比較 全154枚

同社は、タイカンの限界を探求したと主張するかもしれない。しかし、ロータス・エメヤ Rやテスラ・モデルS プレイド、ポールスター5などが、強く意識されたことは間違いないだろう。

詳細画像はこちら
ポルシェ・タイカン・ターボGT ヴァイザッハ・パッケージ(欧州仕様)

AUTOCARでは、モデルS プレイドの動力性能を実際に確かめている。0-100km/h加速は2.4秒で、最高速度は257km/hだった。対するタイカン・ターボGTは、特別なボタンを押す必要はあるが、2.1秒と305km/hが主張されている。

イーロン・マスク氏は、ドイツシュツットガルト技術者を軽視しない方が良い。テスラロードスターには、さらなる努力が必要になるだろう。

それではタイカン・ターボGTは、ポルシェの「GT」として真っ当なのか。ニュルブルクリンクラグナセカ・レースウェイで、ラップレコードを更新したと同社は主張する。だが発表の場に、部門を率いるアンドレアス・プロイニンガー氏はいなかった。

恐らく彼は、他のGTシリーズと同列にはしたくないと、考えているのではないだろうか。911 GT3や718ケイマン GT4などと。

ポルシェも、それらとタイカンのターボGTとの間に、一線を引いているような気がする。BMWが、本物のMモデルと、Mパフォーマンスを区別するように。詮索するようではあるけれど。

ターボSと同モーターで1108ps ヴァイザッハなら2220kg

2基の駆動用モーターはタイカン・ターボSと同じ。駆動用バッテリーも同じ。900Aの大電流を許容するインバーターを備え、リアには強化された2速ATが組まれるが、基本的に特別なアイテムは採用されていない。

とはいえ、スペックに不足はない。フォーミュラEマシンの技術を応用した、パワーコントロール・ソフトウェアを実装。最高出力1108ps、最大トルク136.3kg-mという、桁違いの動力性能を獲得している。フルパワーは、短時間しか引き出されないが。

詳細画像はこちら
ポルシェ・タイカン・ターボGT ヴァイザッハ・パッケージ(欧州仕様)

シャシー回りでは、タイカンとして唯一、カーボンセラミック・ブレーキを標準装備。専用チューニングの、ポルシェ・アクティブ・ライドと呼ばれるアダプティブ・ダンパーが組まれる。

見た目を差別化するのが、専用のボディキット。アルミホイールは21インチの鍛造だ。タイヤはピレリPゼロで、ターボGTのために開発されたという。車内には、カーボン製バケットシートが2脚載る。

車重はターボSより5kg軽い。基本的に2t超えだから、小さな違いとはいえるだろう。それでも、無償オプションのヴァイザッハ・パッケージを組めば、更に70kgダイエットでき2220kgに仕上がる。

これには、リアのカーボンウイングアンダーボディ・パネルなどが含まれる。防音材は削られ、窓ガラスも肉薄になる。2基ある充電ポートは1基になり、電動アクチュエータが省かれ、リアシートとボーズ社製サウンドシステムも載らない。

息が苦しくなる加速 コーナリングも見事

今回の試乗会場はスペインのサーキットで、ヴァイザッハ・パッケージを組んだターボGTが用意されていた。タイヤは、オプションのPゼロ・トロフェオRSも試せた。予め触れておくと、サーキット走行を考えているなら、こちらをオススメしたい。

ドアを開くと、ポルシェのGTシリーズではおなじみの、バケットシートが出迎えてくれる。身体にフィットし、座面は低く、場違いな印象はない。ステアリングホイールには、大きなパドルが一対備わる。

詳細画像はこちら
ポルシェ・タイカン・ターボGT ヴァイザッハ・パッケージと筆者、マット・ソーンダース

左側のパドルでは、回生ブレーキのオン/オフを切り替えられる。右側を引くとアタックモードが有効になり、1108psを開放するため、10秒間だけ駆動用モーターが163ps多く生み出すようになる。

ローンチコントロール時は、自動的にアタックモードもオンになるという。そもそもパワフルだが、更に強化されることは体感できた。息が苦しくなるほど、加速は鋭い。

静止状態からシームレスに、怒涛の勢いで速度が高まる。ブガッティ・シロンと遜色ないだろう。慣性が落ち着き、頭をヘッドレストから浮かせるようになる頃には、160km/hを超えていた。そこから先も、速度上昇に陰りはない。

加速力と比べれば印象的ではないものの、コーナリングも見事。車重を覆い隠しながら、フラットクイックに旋回していく。ステアリングホイールは、直感的で情報量豊か。コミュニケーションを取りやすい。落ち着いたシャシー・バランスにも感服する。

高性能なマシンを、自ら運転している感覚

グリップ限界を超えても、不安定さは皆無。重く強力なクルマではあるが、スタビリティ・コントロールへ依存する必要はない。突然、挙動が変化することもない。これは、嬉しい驚きといえる。

高性能なマシンを、自ら運転している感覚がある。しかも、サーキットを何周も走れるタフさも備わる。

詳細画像はこちら
ポルシェ・タイカン・ターボGT ヴァイザッハ・パッケージ(欧州仕様)

タイカン・ターボGTへ徐々に慣れ、コーナーの侵入速度が高くなると、通常のPゼロ・タイヤではフロント側のグリップ力が足りなくなる。公道で許される速度域ではないが、サーキット走行では物足りないかもしれない。

Pゼロ・トロフェオRSなら、旋回性能を劇的に高められる。ブレーキングのフィーリングも向上し、ABSの動作も抑えられる。ステアリングには、適度な重さとフィードバックが追加される。

だとしても、ポルシェのGTシリーズには似つかわしくない、グリップ不足へ最終的には陥る。911 GT3や718ケイマン GT4に並ぶような精度の操縦性や、一体感は備わらない。もちろん、内燃エンジンがもたらすドラマチックさも。

一方、高度なサスペンションとタイヤが叶える能力が、極めて高次元なことは事実。タイカンの可能性を極限まで引き上げた、ターボGTの仕上がりは素晴らしい。だが、真のドライバーズカーへアップデートするには、更に手を加える余地もあるだろう。

今回の環境では、すべてを判断することは難しかった。ポルシェの他のGTシリーズとの比較で、詳しく掘り下げる必要がある。改めて、試乗機会を設けたいと考えている。

ポルシェ・タイカン・ターボGT ヴァイザッハ・パッケージ(欧州仕様)のスペック

英国価格:18万6300ポンド(約3577万円)
全長:4963mm
全幅:1966mm
全高:1379mm
最高速度305km/h
0-100km/h加速:2.2秒
航続距離:537-555km
電費:4.6-4.8km/kWh
CO2排出量:−
車両重量:2220kg
パワートレイン:ツイン永久磁石同期モーター
駆動用バッテリー:97.0kWh (実容量)
急速充電能力:320kW
最高出力:1108ps(システム総合)
最大トルク136.4kg-m(システム総合)
ギアボックス:1速リダクション(フロント)+2速オートマチック(リア)(四輪駆動


■EVの記事
気取らないゴルフ的:フォルクスワーゲンID.3 反発意見も多い:テスラ・モデル3 カッコだけじゃない:ルノー・メガーヌ E-テック お手頃EV 12台比較(3)
1.0L 2気筒ターボ+電池で700km以上走るのに… メルセデス・ベンツ「レンジエクステンダーEV」開発中止か
グリルが一味違うぞ! マセラティ新型「2ドア・オープンカー」実車公開 760馬力、快適重視のグランカブリオ・フォルゴーレ
快適な長距離クルーザー:ジープ・アベンジャー 成長過程の特有な個性:BYDドルフィン 魅力的な特徴は多いケド:ボルボEX30 お手頃EV 12台比較(2)

■EV特集(テスト)の記事
気取らないゴルフ的:フォルクスワーゲンID.3 反発意見も多い:テスラ・モデル3 カッコだけじゃない:ルノー・メガーヌ E-テック お手頃EV 12台比較(3)
快適な長距離クルーザー:ジープ・アベンジャー 成長過程の特有な個性:BYDドルフィン 魅力的な特徴は多いケド:ボルボEX30 お手頃EV 12台比較(2)
結局「コスパ1番」のEVは? ボルボと内側を共有:スマート#1 オーナーを満たす:ヴォグゾール(オペル)・アストラ お手頃EV 12台比較(1)
トップ交代! ポルシェ・タイカン・ターボGTへ試乗 怒涛の1108馬力 真っ当な「GTシリーズ」か

トップ交代! ポルシェ・タイカン・ターボGTへ試乗 怒涛の1108馬力 真っ当な「GTシリーズ」か