なんと25年ぶり!

JR東日本の旧型客車が秩父鉄道で特別運行

秩父鉄道は2024年4月12日、公式XでJR東日本から借り受けた旧型客車が到着したと発表。4月13日(土)、14日(日)、20日(土)、21日(日)の計4日間限定となる旧型客車の特別運行が始まりました。

旧型客車は、SL「パレオエクスプレス」の客車として熊谷~三峰口間で運行されます。今回の取り組みは、「パレオエクスプレス」の機関車C58 363」が、2024年2月19日で製造から80年を迎えたことを記念するもの。「パレオエクスプレス」は運行開始から11年間は旧型客車で運行しており、復活は25年ぶりです。

旧型客車はJR東日本の「ぐんま車両センター」所属で、1938年1954年に製造。4両が寄居駅にある渡り線を経由して秩父鉄道線内に搬入されています。このうち、「スハフ32-2357」がかつて秩父鉄道でも活躍していた車両になります。同車は1938年に製造された戦前の急行用三等緩急車で、JR東日本では最古の営業用車両となっています。

SL「パレオエクスプレス」(画像:写真AC)。