「そりゃモテるわ…」全男が落ちる【品がある女性】の共通点

上品な女性というと、どのような印象を持ちますか? それは一目見ただけで魅力的な雰囲気に引き込まれ、その振る舞いから感動を覚える存在のことを指します。 今回は、品格のある女性になるための要素について、4つの秘訣をお伝えします。

手元の美しさ

「職場の同僚が品格があって人気者。いつも爪がきれいで、自己流で手入れをしているそうです。その手間のかかった手元が品のある女性の特徴だなと感じます」(25歳/女性) 手元はついつい目が行く部分で、どんなに綺麗な服装をしていても、手元がおろそかだと全体の印象が台無しになります。 ネイルケアを適度に行うだけでも、その一手間が周囲から見て、品のよさが伝わってきます。

手紙の用意

「私の友人で、最も品のある女性はときに手書きの手紙をくれます。上品な便箋に優雅な筆跡、そしてシーリングスタンプを押して。あの手間ひまをかけることこそ、彼女の上品さの証だと感じます」(32歳/女性/フリーランス) 今でこそメールやLINEが一般的ですが、だからこそ、手書きの手紙が人の印象を深くする効果があります。 特別な日やイベント時に、手書きのメッセージを添えることで、贈り物が一層特別に感じられます。 次回、プレゼントを用意するときは、手書きのメッセージが品のよさを引き立てるポイントとなるでしょう。

食生活にこだわる

「知人の中で最も品格のある女性は食生活にこだわっています。彼女は新鮮な食材を選び、自己管理を徹底しています。その結果、健康的な見た目を維持しており、彼女を見て、私も食生活改善の必要を痛感しました」(31歳/女性) 食事は私たちの体を作ります。 健康で美しい身体を保つには、そのベースとなる食事を見直すことが大切です。 食生活にこだわる女性は、その意識が上品さとして人の視線を引きつけやすいでしょう。

品格は創るもの♡

上品さは遺伝や環境だけで形成されるものではありません。 品格を身に着けることは、努力や工夫次第で誰でも可能です。 自己肯定感を高めるためにも、品格のある女性を意識して日々の行動に反映させることをおすすめします。 (愛カツ編集部)