スパルタロッテルダムのMF斉藤光毅が止まらない。

13日に行われたエールディビジ第30節、アウェイでのアルメレ・シティ戦に、斉藤は三戸舜介とともに先発出場。相手DFを手玉に取る見事なドリブルから、逆転ゴールをアシストした。

1-1で迎えた28分、斉藤は左サイドのタッチライン沿いでパスを引き出し、ヨッフェム・リトメースター・ファン・デ・カンプと一対一の状況を作る。細かいタッチと上半身のフェイントを駆使しつつ、一気に加速して相手を置き去りに。ボックス左へ侵入してのカットバックでジェベンシオ・ファン・デル・クストのゴールをお膳立てした。

斉藤はこれで今季リーグ戦5つ目のアシストを記録。ただ、ゴール数「3」やアシストという数字以上に、ドリブルのキレが冴えわたっている。このシーンやアヤックス戦での仕掛けを見ても、自分の間合いをモノにしている印象だ。

パリオリンピック予選へ向けたU-23日本代表に招集できないのは痛手だが、スパルタでは地位を確立している。

なお、試合はその後、終盤に両チームがゴールを奪い、3-2でスパルタが勝利。2試合ぶりの白星を手にした。



ミランvsローマの同国対決など
WOWOWでライブ配信!
>放送予定など詳しくはこちら