要注意男性に好かれやすい女性の特徴

「夫が健康診断で血圧と腹回りで引っかかってしまいました。カロリー控えめのお弁当や夕食を作っていたのですが… ここでそのような女性の傾向を紹介します。 夫はお弁当を残すようになり『なにを食べても味がしない』と言われました。夕食もほぼ手をつけず『野菜ばっかりで元気が出ない』と言われ…愚痴ばかりで嫌な気持ちになります」(30代/女性) 何度も同じような問題を抱える男性と関わることが多いと悩んだことはありますか?

無理に面倒を見すぎる

他人への心配りが得意な女性は自ら進んで助けることがあるかもしれません。 しかし、頼まれてもいないのに手を貸す行為は、たまに抑えたほうがいいこともあります。 これにより、相手の甘えやだらしのなさを引き出してしまうリスクもあります。 もちろん、思いやりや配慮は大切です。 ただし、恋愛では、度を超えるとマイナスの効果をもたらすことがありますから、適度な範囲で行うべきです。

褒められるがまま

これは、ダメな男性にとって「心地よい」とされやすい側面です。 褒めてくれるからといって、問題を見て見ぬふりをしてはいけません。 「ここの部分が問題かも」「依存しているようだ」と思ったら、早めに察知して距離をとるべきです。 「心から優しく」「真剣に」向き合ってくれる相手であれば、自分らしさを発揮することができるでしょう。

無理な笑顔には要注意

相手に配慮しすぎて、不自然に明るく振る舞っていることはありませんか? いつも無理に笑顔を作ったり、親しげな姿勢を取りすぎたりするのは、好感を抱いていない相手にも好意を寄せられがちです。からも好かれたいという願望はわかりますが、全員に受け入れられる必要はないのです。 自分の本質をわかってくれる少数の人がいれば、それで十分でしょう。

バランスが鍵となる魅力

適度な配慮とバランスを心がけることで、より魅力的な女性として見られることでしょう。 (愛カツ編集部)