U-23日本代表の大岩剛監督が、U-23UAE代表戦を振り返った。

19日、AFC U23アジアカップグループB第2節で日本はUAEと対戦した。

引き分け以上でグループステージ突破が決まる日本。初戦のU-23中国代表戦では苦しんだ中、1-0で勝利。連勝を目指した中、27分に木村誠二がヘディングで先制ゴールを奪う。

試合をコントロールし、何度となくチャンスを作る中で生かせなかった日本。それでも66分には川﨑颯太がヘディングで追加点。0-2で勝利し、グループステージ突破を決めた。

パリオリンピックの出場権獲得へ、まずは最低ラインのグループステージ突破を決めた日本。大岩監督は試合後のフラッシュインタビューに応じ、より多くのゴールを決められなかったことを反省した。

「最後複数得点取れるチャンスがあったので、そういうところは次の試合に向けてしっかり改善しなければいけないと思います」

この試合では中国戦から7名を変更。中2日での過密日程、10人で長い時間戦った疲労も考慮してのターンオーバーだった。

大岩監督は「自信を持って送り出しました。選手もそれに応えてくれたので、非常に大きな1勝だと思います」とコメント。選手を入れ替えても高いパフォーマンスを見せてくれた選手たちを称えた。

また中2日で次はU-23韓国代表との一戦。全ての数値で並んでいる両者は、勝った方が1位となり、準々決勝でグループAの1位と対戦することとなる。

韓国戦に向けては「しっかり準備をして分析をして各試合に臨んでいるので、同じように3試合目も準備をして臨みたいと思います」と語った大岩監督。開催国であるU-23カタール代表との大戦を避けるべく、首位通過を掴めるのか注目だ。

なお、第3戦のU-23韓国代表戦は、22日の22時キックオフテレビ朝日DAZNで生中継される。