このたびF-35戦闘機での戦術核爆弾の運用能力が認証されました。これにより同機の導入を進めるNATO諸国では核兵器の共同運用が進むことになりますが、同機は日本も調達中です。F-35での核兵器運用は自衛隊にも影響を与えるかもしれません。

F-35Aで核兵器を使えるように

2024年3月、アメリカ製のステルス戦闘機F-35AライトニングII」に関して、戦術核爆弾B61-12の運用能力が認証されたとの報道がありました。

これによりF-35Aは通常兵器と核兵器の両方を任意に搭載し運用可能な、「複合対応航空機(DCA)」としての地位を確立したことになりますが、このことはNATOにおける核兵器の運用体制が大幅に拡充することにつながるだけでなく、将来、航空自衛隊F-35Aに関しても運用の幅を広げるきっかけになるかもしれないのです。

そもそもNATO(北大西洋条約機構)では、アメリカから核爆弾を借り受け核攻撃の意思を共有する「ニュークリア・シェアリング」を行っています。その参加国のなかでF-35Aを配備中または配備予定の国、すなわちアメリカ、オランダイタリアベルギードイツの各空軍が、今回の認証によって順次核攻撃能力を獲得することになります。

これまでB61シリーズを運用可能なDCAはF-16ファイティングファルコン」、F-15Eストライクイーグル」、「トーネードIDS」の3機種でした。ただし、F-16と「トーネードIDS」は新たにDCAの一角を占めることになったF-35Aへ機種更新される予定のため、将来的にはF-15EF-35Aの2機種でNATOのニュークリア・シェアリングを支えていく予定です。

こうしてF-35Aで運用できるようになったB61-12は、その出力を任意に変更することが可能という特徴を持っています。放出エネルギーは最小設定で0.3キロトン、最大時には50キロトンに達します。比較的低出力の核弾頭ですが、それでも広島や長崎へ投下された原爆が約15~20キロトンであったことを考えると、ひとつの都市に壊滅的ダメージを与えるには十分な威力を持っていると言えるでしょう。

他方で、誘導爆弾として知られる「JDAM」に用いるGPS誘導キットの装着が可能であるため、貫通爆弾として使用した場合は、ほかの核兵器よりも付随する損害を抑えることができることから「心理的にも使いやすい」地中攻撃兵器にもなります。

ちなみに、B61シリーズは「戦術」または「戦域」核爆弾と呼ばれますが、「戦略核兵器」との違いは威力ではなく射程距離で決まります。ただ、これは米露間における新戦略兵器削減条約に抵触しないという取り決め上の区分でしかないため、有事の際などに使用する場合は戦術核と言いつつも戦略的な意味合いを持つという点に注意する必要があります。

空自もF-35を増備中、ということは…

B61-12およびこれを搭載したDCAのおもな目的は、第1に「核抑止」、第2に「拡大抑止」です。

「核抑止」は、相手の核攻撃に対して確実に核兵器で報復攻撃ができる能力を持ち、相手に核攻撃を躊躇させることを意味します。「拡大抑止」とは、核抑止が破られ相互に核兵器の投げ合いが生じた場合、最悪の状況、すなわち人類の文明崩壊まで考えられる無制限のエスカレートを防ぐことです。

こうしたことを鑑みたとき、B61-12なら出力調整が可能で「過剰な報復」になりにくく、かつ地中貫通能力に優れ相手の核戦力に限定した攻撃に適しています。一方、F-35Aはステルス性が高く、防空網奥深くへ長距離を進出する能力に優れているため、その目的に適しています。

また「ニュークリア・シェアリング」によってB61-12を受け入れた国にとっては、アメリカの「核の傘」に対する信頼性への疑念、すなわちアメリカに対する「核攻撃を受けたベルリンの報復を行えばニューヨークが再報復される」といったリスクを回避させ、より高い確度で報復を行える利点があるでしょう。

日本は世界で唯一の被爆国として「非核三原則」を基本政策としていますが、一方でアメリカの同盟国であり、現実にはアメリカの核の傘の下で核抑止の恩恵を受けています。

現在のところ日本が核武装するという議論はありませんが、もし日本が核武装を決断した場合、航空自衛隊F-35Aを導入・運用しているため、最も確実で最速の手法は「ニュークリア・シェアリング」によるB61-12の導入とF-35A配備飛行隊のDCA化だと言えます。

F-35Aはアメリカ空軍、同盟国の空軍を問わず同一のハードウェアとソフトウェアで統一されているため、航空自衛隊機のF-35AをDCA任務に対応させること自体は比較的容易に行えるでしょう。

その点で、実は航空自衛隊F-35Aの飛行隊が増えているというのは、日本が核武装の決断をくださなくとも、ロシアや中国、北朝鮮にとって日本が潜在的に核攻撃能力を保持できると判断させるに相応しい装備だといえます。そのように考えると核抑止、戦争回避としては非常に有益な「防衛装備」と言えるのかもしれません。

編隊飛行するアメリカ空軍のF-35A「ライトニングII」戦闘機(画像:アメリカ空軍)。