「無断駐車は罰金○万円」の看板には法的な効力なし! 悪質無断駐車に対する現実的な対応策とペナルティとは

この記事をまとめると

◾️「無断駐車を発見したら罰金◯万円」の看板に法的な効力はない

◾️無断駐車は当事者同士の問題となるため、警察も注意以上の介入はできない

◾️刑事罰はないものの、モラルの問題として無断駐車は厳禁だ

「無断駐車を発見したら罰金◯万円」の効力とは

 駐車場で「迷惑駐車お断り!」や「無断駐車を発見した場合は罰金◯万円」という看板を見たことがある方も多いのではないでしょうか。コンビニやスーパー、月極駐車場など、さまざまな場所で見かけることがある無断駐車に関連する看板に法的な効力がないというのは本当なのでしょうか。今回は、無断駐車の看板の効力や悪質な無断駐車をやめさせる方法などを解説します。

 じつは街なかで見かけることがある「無断駐車を発見したら罰金◯万円」という看板に法的な効力はありません。そのため、駐車場のオーナーに無断駐車を発見され、罰金を請求されても支払う必要はないのです。

無断駐車・迷惑駐車をやめさせる方法とは

 この事実だけを聞くと、無断駐車を認めているように聞こえるかもしれませんが、そもそも駐車場は利用者や契約者のために用意されているクルマの置き場所です。そのため、許可や契約なくクルマを駐車したり、駐車場を用意している施設を利用しないのにクルマを停めたりするのは迷惑駐車となります。

 また、商業施設や店舗の営業を妨害したり、駐車場利用者・契約者の妨げとなる行為をしたりすると、別の罪に問われる可能性があります。そのため、無断駐車や迷惑駐車はしないようにしましょう。

悪質な無断駐車をやめさせる方法はないのか?

 法的な効力はないものの、駐車場に「無断駐車を発見した場合は罰金◯万円」の看板やカラーコーンなどを設置しているのは、無断駐車や迷惑駐車を防止するための対策です。このような看板や設置物があると、無断駐車や迷惑駐車を抑止する効果があることから設置されています。

 しかし、なかには看板や設置物を無視する悪質な無断駐車や迷惑駐車を見かけることがあります。このような悪質な無断駐車や迷惑駐車はどのようにしたらいいのでしょうか。

無断駐車・迷惑駐車をやめさせる方法とは

 悪質な駐車や無断駐車・迷惑駐車を頻繁にされる場合、注意書きの紙を貼り付けて(クルマのボディやガラスに貼り付けると器物損壊になる可能性があるためワイパーに挟むケースが多い)警告したり、証拠となる画像や映像を揃えて警察や管理会社に相談したりしましょう。

 ただし、警察は民事不介入であるため、警察が注意したあとの対応は個人間で行う必要があります。なお、道路における無断駐車は、駐車違反となるため、警察が取り締まります。

「無断駐車・迷惑駐車お断り!」や「無断駐車を発見した場合は罰金◯万円」といった駐車場の看板には法的な効力がないため、無断駐車をしてもお咎めなしとなってしまうのが現実です。ならば、「無断駐車や迷惑駐車をしてもいいじゃん!」と考えてしまう人もなかにはいるでしょう。

無断駐車・迷惑駐車をやめさせる方法とは

 しかし、身勝手な無断駐車や迷惑駐車は、誰かの迷惑になっていたり駐車妨害となっていたりします。そのため、無断駐車や迷惑駐車をしてはなりません。気もちのいいカーライフを送るためにも、無断駐車や迷惑駐車をするのではなく、近くのコインパーキングやパーキングメーターなどを探し、停めるべき場所にクルマを停めるようにしましょう。

無断駐車・迷惑駐車をやめさせる方法とは

「無断駐車は罰金○万円」の看板には法的な効力なし! 悪質無断駐車に対する現実的な対応策とペナルティとは