ごはんのバケツから頭が抜けなくなったヤギの様子を撮影した動画がYouTubeに投稿されました。動画は記事執筆時点で再生数1万4000回を超えています。

【動画】捕獲に乗り出す孫

●ごはんのバケツから頭が抜けなくなったヤギ

 撮影された場所は英カンブリア。食いしん坊のヤギ「Gary(ギャリー)」がごはんのバケツに頭を突っ込んだ結果、取っ手が首元に回って抜けなくなってしまいました。飼い主さんはあきれながら「取ってあげるからこっちにおいで」と手を差し伸べますが、何を思ったのかギャリーは猛ダッシュで逃げてしまいました。前が見えていないのに、よく怖がらずそんなに早く走れるなと感心してしまうほどです。

救世主登場!

 飼い主さんは「おばかさんだなあ」「バケツをかぶっていたいの?」とさらにあきれた様子を見せます。するとそこへ、飼い主さんの孫である小さな男の子がやってきました。飼い主さんが「ギャリーを捕まえてくれる?」とお願いすると、男の子はギャリーを難なくキャッチ。そして「僕ヤギの捕まえ方を知っているんだ!」と誇らしそうに言います。それを聞いた飼い主さんは、いとおしそうにほほ笑んで「いい子ね」と男の子を褒めました。

 そんなかわいいやりとりがありつつ、ギャリーは無事バケツから解放。元気に仲間のもとまで走っていきました。もうごはんを欲張っちゃダメだよ!

●たくさんのコメントが寄せられる

 コメント欄では「男の子が助けてくれたね!」「美しいヤギね」などの声が寄せられました。ギャリーのちょっとおばかな行動と、男の子と飼い主さんのやりとりがかわいい動画でした。

ギャリー「逃げろー!」