聖闘士星矢」OP「ペガサス幻想」、「天装戦隊ゴセイジャー」主題歌、劇場版「仮面ライダーアマゾンズ主題歌「Eat' Kill All」などで知られるボーカリスト・NoB(山田信夫)さんが、2024年4月20日脳腫瘍のため治療を行っていることを発表した。

【大きな画像をもっと見る】

NoBさんの公式サイトによると、「2024年4月に出演を予定しておりました海外公演の直前に、体調を大きく崩し、病院で検査を受けた結果、脳に腫瘍があることが判明」したそうだ。

ただ、「
今現在は、医師の指導のもと治療とリハビリを行い、快方に向かっております」とのことで、今後の活動は体調を鑑みながらおこなっていくとのこと。

一日も早い復帰を願うばかりだ。

NoB(山田信夫)さんは、1983年LOUDNESSDrums・樋口宗孝さんのソロアルバム「破壊凱旋録」、およびハードロックユニット「M'tFUJI」のアルバムにボーカルとして参加。翌1984年ハードロックバンド・Make-Upのボーカルとしてデビュー。1986年、アニメ「聖闘士星矢」OP「ペガサス幻想」を発表し一躍アニメファンの間で知名度を上げる。

2000年代以降は特撮ソングにも活躍の場を広げ、「魔法戦隊マジレンジャー」挿入歌、「轟轟戦隊ボウケンジャー」主題歌、「天装戦隊ゴセイジャー」主題歌、「4週連続スペシャル スーパー戦隊最強バトル!!」主題歌「最高最強 SUPER STARS!」、劇場版「仮面ライダーアマゾンズ」主題歌「Eat' Kill All」などを発表。
2019年にはアニメ「旗揚!けものみち」OP「闘魂(ファイト)!ケモナーマスク」も歌唱するなど、ハードロック魂を持つアニソン、特撮ソングで活躍している。


>> ボーカリスト・NoB(山田信夫)さん、脳腫瘍が判明──「聖闘士星矢」「旗揚!けものみち」「天装戦隊ゴセイジャー」などアニソン、特撮ソングを多数歌唱 の元記事はこちら
ボーカリスト・NoB(山田信夫)さん、脳腫瘍が判明──「聖闘士星矢」「旗揚!けものみち」「天装戦隊ゴセイジャー」などアニソン、特撮ソングを多数歌唱