2024年4月19日、韓国・東亜日報は「韓国で美容院を訪れた日本人が高額すぎる料金を支払ったが詐欺ではないか」との投稿がネット上に拡散され物議を醸していると伝えた。

あるコミュニティーに18日、「美容院で80万ウォン(約8万9000円)の請求、詐欺でしょうか」とのタイトルで投稿があった。投稿者の友人である日本人が17日に韓国に到着し、美容院でパーマとカットの施術を受けたところ、料金が79万9000ウォン(パーマ44万9000ウォン、カット35万ウォン)かかったという。投稿にはレシートの写真も添付されている。

投稿者は「施術前に正確な金額を知らされなかった。クレジットカードで決済した際、サインをしていない」ことが問題点だと訴えている。友人はある程度、韓国語を理解できるが、会計時は美容師があまりに早口で話すため、質問をすることができなかったと説明している。さらに50万ウォンほどする製品を購入するよう勧められたが拒否したという。

投稿者は「自分もかなり高額だと思うので、詐欺ではないのか気になっている。どう対処すべきなのかも知りたい」と意見を求めていたが、のちにこの投稿を取り消し、「円満に合意した」と伝えている。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「詐欺です。こういうやつらのせいで韓国のイメージが悪くなる」「詐欺以外の何ものでもない」「国税庁が税務調査に入って廃業に追い込めばいい。良心がなく非常識、国の恥だ」「国民の1人として本当に恥ずかしい」「今どき外国人にボッタクリだなんて、みっともない」「店の名前を公開するべき」「病院で手術を受けるより美容院の施術が高いのか(笑)」など、怒りの声が殺到している。

一方で、「パーマやカットに行くと、トリートメントだ何だとあれこれ追加してくる美容院は結構あるらしい。韓国人相手でもボッタクリをする」「でも本当にフランチャイズの美容院で40万ウォン台取るところもあるよ」といったコメントも見られた。(翻訳・編集/麻江)

19日、韓国・東亜日報は「韓国で美容院を訪れた日本人が高額すぎる料金を支払ったが詐欺ではないか」との投稿がネット上に拡散され物議を醸していると伝えた。