「今日は帰したくない…」男性が“まだ一緒にいたい”と思う3つの瞬間

彼とすごす時間がとても楽しいからこそ、別れの時間は悲しく感じますよね。 しかし自分から「今夜一緒にいたい」と言うのは少し恥ずかしいと感じることもあるかもしれません。 そこで今回は、彼に「まだ一緒にいたい」と思わせる方法を紹介します。

「寂しい」とつぶやく

「彼女とのディナーデートで、別れる時間が近づいてきて『早かったな、もう時間なんだ…寂しいな』と彼女が言いました。僕も同じ思いでいたので、彼女にそう言われて『それなら、もう少し一緒にいようか』と誘うことができました」(26歳/男性) 彼ともっと時間を共有したいなら、そっとその思いをつぶやいてみるのもいい方法です。 「寂しいな」などとつぶやくだけでも、彼に「もう少し一緒にいたい」と伝えることができるでしょう。 自分の感情をしっかりと伝えてみることが大切です。 少し恥ずかしくても、彼に素直に気持ちを伝えてみましょう。

甘えた声で伝える

「彼女が弱々しい声で『帰りたくないよ』と甘えてくると、男としてはそれを無視できません。定番フレーズであると知っていても、男としては彼女を帰せないと感じてしまいます」(31歳/男性) どうしても「このままいたい」と感じるなら、ストレートに素直な気持ちを伝えるのが一番です。 いつもより甘えた声でその感情を伝えると、彼もあなたに対する気持ちが強まることでしょう。 いつもと違う雰囲気を作ることで、心からそう思っていることが伝わるはずです。

素直な想いを彼に伝えてみて

彼との時間を延ばしたいという気持ちがあるなら、ぜひ今回紹介したテクニックを試してみてください。 素直なあなたの姿は、彼を喜ばせること間違いなしです。 (愛カツ編集部)