「好きになっちゃった…」男性に“初デート”で好感を抱かせるためのポイント

心惹かれる男性とのデート。 「一度目のデートを成功させて、次につなげたいけれどどうすればいいの?」と悩んでいる女性も少なくないと思います。 今回は、初デートで「好意を抱かせる」女性の特徴を紹介します。

楽しみを見つける

好きな男性との初デートは気合も入りますよね。 しかし「彼に嫌な印象を与えたくない」と彼の様子ばかり気にしてしまうと、アタフタしてしまうことでしょう。 その様子は、男性から見ても余計なことを考えていると映るかもしれません。 そうではなく「どうやって今日を楽しんでいけるか」を考えることが大切です。 心から楽しみを見つける姿は、彼にとってもいい印象を与えます。

ネガティブな言動は自粛する

無意識に、否定的な言葉が出てしまうことはありませんか? 例えば言葉の先頭に「でも」「だって」「どうせ」とつける癖があるなど…。 他人についての愚痴なども、印象が悪くなるでしょう。 このような発言は、信頼関係ができていれば「本心を話す」と言う意味に捉えられることもあります。 しかし、初デートでは性格に難があると誤解される可能性もあるので慎重になりましょう。

「何でもいい」は避けて提案を

食事の場所や行く先を決めるときに「なんでもいい」と答える女性もいます。 確かに「これじゃないと絶対にいや」という女性より、柔軟に受け取られるかもしれません。 しかし、初デートですべてを任せると彼も大変だと感じるかもしれません。 もし余裕があれば「あれはどう?」「これがいいな」とさりげなく提案してみてください。 彼の提案を大切にする一方で、あなたの考えも伝えることで気軽に話せる関係に近づくでしょう。

終電までに解散

デートが楽しいほど帰るのが嫌になりますよね。 しかし、初デートで終電を逃したり、なかなか帰ろうとしない態度を見せると「軽率な人」と思われてしまうかもしれません。 また、短時間でデートを切り上げた方が「次回も会いたいな」となる可能性も…。 あえて、終電などに間に合う時間や、歩いて帰る場合は日付が変わる前に、解散することをオススメします。

デートを純粋に楽しんで

初デートで緊張するのは自然なことです。 しかし、余計なことを考えすぎてしまうとデートが上手くいかないことも。 今回紹介したポイントを押さえて、次への「お誘い」につながるデートができるといいですね♡ (愛カツ編集部)