東日本大震災の前と後で、日本人結婚観は変化したのか? 精科医で立教大学教授香山リカ氏と、"婚活ブーム"の火付け役・ジャーナリスト白河子氏が2011年11月15日、「ニコ生×Voice論!結婚すれば幸せなのか?~震災後の行方~』 香山リカVS白河子」で議論を交わした。番組の中で白河氏は、震災をきっかけに結婚に踏み切る「震災婚」について"つり効果"のようだとり、またその裏で「震災離婚」も増えたという見解を示した。

■不安感が結婚を後押し

 震災後も続く不安感などから、結婚に踏み切る「震災婚」。つりの上のように、「お互いが危ない状況のとき出会った男女に落ちる確率が高い」という"つり効果"があるのか? と香山氏から意見をめられた白河氏は、「付き合っていた2人に関しては決着がついて(結婚をした)。本当に揺れていて怖い、というときに起きた恋愛というのは、もちろんある。それは本当に震災後の恋愛ですね。つり効果かと思っています」と述べた。

 また震災前は、リーマンショックの影や古い結婚観などから、女性結婚銭的・物質的なメリットめる傾向にあったと分析する白河氏だが、一方で

「震災後何らかのショックで、損得だけを考えていたものをちょっとえさせたところが一あったと思う」

と述べ、"つり効果"で結婚への願望が高まったと同時に、損得勘定の意識も変化した、との印った。そして「このトレンドがどこまで続くのかは、なかなか分からないところ」とも付け加えた。

■震災で価値観のズレが浮き彫りに

 「震災婚」の話を受けた精科医の香山氏は、結婚生活で苦しんでいる人を多く診察している経験から「あらゆる結婚にまつわる、夫の問題や、夫の家族の問題や、仕事の問題などいろんな大変なことが待っているのに、なぜ結婚したがるのかね君たちは、みたいな気持ちのほうがどうしても強くなっちゃう」と、自身の考えを述べ、

「震災後に価値観のズレが見えてしまったとか、原発問題、放射性物質の問題をどう扱うかで夫婦間で価値観が違い、別れちゃったとか」

と逆の事例を紹介。白河氏もまた、

「こういう大きなこと(震災)があると、ライフイベントに関してすごく影があり、結婚もあり、離婚もあり、別離する人、復縁する人もいる」

結婚が増えたのと同じように、別れを選ぶ「震災離婚」も増えている現状を摘した。

関連サイト
・[ニコニコ生放送]「震災後、損得をえさせた」から視聴 - 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv70273818?po=news&ref=news#00:18:43

リサ

婚活ブームの火付け役でジャーナリストの白河桃子氏