子どものおやつ作りに屋台レベルの道具を導入し、生産効率を爆上げした動画がX(Twitter)で公開され、記事執筆時点で1万2000件以上のいいねを集めています。

【動画】“生産性爆上がり”な作業風景

●効率爆上がりなアイテム

 投稿者は、Xユーザーのむへどるりさん。「4歳さんのおやつを作るシステムに穴開きパンケーキパンとちゃっきりを導入したらあまりにも便利なんだけどこれはもう完全に屋台」と、“屋台レベル”の2つの道具を紹介しています。

 むへどるりさんが導入したのは、小さな丸いくぼみが7つついたパンケーキパンと、生地を流し込む“ろうと”的なアイテムであるチャッキリです。チャッキリを操って生地を円形のくぼみにスムーズに流し込んでおり、普通のフライパンでは手間がかかるミニサイズのパンケーキを簡単に作っています。これは便利そう……!

 これにより生産効率が爆発的に向上したようで、むへどるりさんは「1枚でタンパク質3gが取れるハイプロテインプチパンケーキを1ロット60枚生産するシステム」「ちゃっきり導入によって重量の公差が小さくなり70枚生産できた」と説明。完成した大量のミニパンケーキの写真も公開しました。

 なお、大量のパンケーキは粗熱が取れてから冷凍保存したとのこと。ネットでは、「美味しそうですね!!! 業者みたいですね(笑)」「『ちゃっきり』教えてくれてありがとう『お店で見たあれ』って言うの検索できないから商品名教えてくれるのありがたい」「カセットコンロで屋台ごっことかでおやつ作ったら、4歳さんテンション爆上げになるやつなのでは?」「これははかどりますね」「手早く何枚でも焼けそうで良いなぁ」などの反応が寄せられています。

しばらくおやつに困らなそう!(出典:PIXTA)