豊富な投手陣を揃えた立浪監督率いる中日。上手く疲労を分散させて起用していきたいところだ(C)KentaHARADA/CoCoKARAnext

 春の珍事か、それとも実力か。

 4月プロ野球界を盛り上げているのが、立浪和義監督率いる中日です。4月9日には8年ぶりとなるセの単独首位に立ち、13日までには引き分けも挟み、4年ぶりの6連勝。直近4試合は4連敗と苦戦が続いていますが、乱セの象徴的存在となっているのです。

【動画】中日の”4番”が渾身の一発!中田翔が開幕戦で放った豪快弾を見る

 スポーツ紙のプロ野球担当デスクは言います。

「オフに巨人から中田翔選手を獲得し、4番が固まったことで打線が落ち着きました。中田選手を失った巨人は得点力不足に苦しんでおり、ファンの間では『なんで中田を出したんだ』と不満の声も出ています。ライバルの力を低下させ、自軍の戦力をアップさせるのが真の編成上手。それができていますね」

 元々、昨年から投手力には定評があった立浪ドラゴンズ。今シーズンも先発ローテには相手からすると手強い名前が並び、盤石のブルペン陣が終盤を支えます。

「中日は昨秋のドラフト1位、亜細亜大の草加勝投手が1月の新人合同自主トレで右肘の違和感を訴え、トミー・ジョン手術を受けることになりました。本来ならドライチ投手が入団直後に手術を受けるとなれば一大事ですが、それを感じさせないほどのピッチングスタッフが揃っています」(前述のデスク

 しかし一方で気がかりなこともあります。ブルペン陣の登板過多です。ここまで20試合を終え、守護神のマルティネスセットアッパー勝野昌慶は半分の10試合、ここまでともに防御率0.00と絶好調の清水達也、斎藤綱記も9試合と出ずっぱり。マルティネスと勝野は年間72試合ペース、清水と斎藤は64試合ペースでの登板になっています。

「春先は体力も充実していますし、気持ちで何とかなるんですが、梅雨時から夏場にかけてドッと疲労が出てくることもあります。年間を通じたマネジメントが必要です。打者出身の監督はどうしても目先の1勝を取るために、リリーフ陣を酷使してしまう傾向があります。投手コーチにはシーズンを通じた活躍ができるよう、選手をしっかりと守って欲しいですね」(前述のデスク

 中日が強くなれば、自然とセ・リーグは盛り上がります。応援歌燃えよドラゴンズ!」が今後も高らかに響き渡るか、戦いぶりが注目されそうです。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

“乱セ”を牽引する立浪ドラゴンズ 一抹の暗雲 気になる中継ぎ陣の”登板過多”