日本のSNS上で物議を醸している新幹線自由席問題が中国でも紹介され、ネットユーザーの反響を呼んでいる。

日本のX(旧ツイッター)で先日、ある女性ユーザーの投稿が物議を醸した。新幹線自由席に座っていた女性は、足元に小型のスーツケースを置いた状態で狭く、他にも空席があるにもかかわらず、隣に男性が座ったことに不満を抱き、写真を撮影してアップロードした上で、「なんで斜め前が空いているのにここに座るの?」「本当に男ってキモい」などと男性を罵倒する内容を投稿した。

この投稿について、ネット上では主に女性とみられるユーザーから「空席が多いのにわざわざ女性の隣に座る男性が多い」「足を触られたり、体をくっつけられたり、盗撮されたりすることもある」などと女性の意見に同調する声が上がる一方、男性とみられるユーザーからは「自由席なのだからどこに座ろうと問題ない」「隣に座られたくないなら指定席を複数購入すればいい」など反論も出るなど賛否が割れた。

中国のSNS・微博(ウェイボー)でもこの騒動は取り上げられ、ある女性アカウントは「当事者の女性はネット上で猛バッシングを浴び、セクハラや脅迫めいたダイレクトメッセージも送られてきている」と紹介した上で、「すべての男性を怒らせたら死をもって謝罪しなければならないというのか。日本のXがだんだんおかしくなっているように感じる」と感想をつづっている。

同アカウントのフォロワーは女性が多いと見られ、コメント欄には「日本の女性の生存環境は本当にひどいね」「(女性をたたく)日本の男性は敏感すぎると思う。自分が名指しされたわけでもないのに」「日本のXを見てきたけど、(当事者の女性への脅迫が)本当にひどかった」「男性は女性が街中で感じる恐怖を知らない」といった声が寄せられた。

また、「中国国内のほとんどの男も同じだと思う」「学生時代はJK制服やロリータをよく着ていたけど、電車や地下鉄では必ずこういう男に出くわした」「この前バスでまったく同じことがあった。空いているのにわざわざ隣に座られた」「痛いところを突かれると恥ずかしさのあまり怒り出す。中国の男どもも一緒」「東アジアの男はどうしてみんなこうなのか」「やっぱり男は国籍関係なく同じなのか」など、中国の男性も同じとの意見も少なくなかった。(翻訳・編集/北田)

日本のSNS上で物議を醸している新幹線の自由席問題が中国でも紹介され、ネットユーザーの反響を呼んでいる。