パリ・オリンピックの出場権を懸けたアジア最終予選を兼ねたAFC U23アジアカップのベスト8が決定した。

アジアに与えられた「3.5」枠の切符を懸けて16カ国が鎬を削っている今大会。23日にグループステージの全日程が終了した。

U-23日本代表はグループステージ最終節でU-23韓国代表と対戦し、0-1で敗戦。この結果2位通過となり、準々決勝ではグループA首位の開催国であるU-23カタール代表との戦いが決定している。

その他、グループAではインドネシアが2位通過。グループBは韓国が1位通過となっており、グループCは1位がイラク、2位がサウジアラビア、グループDは1位がウズベキスタン、2位がベトナムという結果に終わった。

この結果、準々決勝以降の組み合わせカードも決定。25日にカタールvs日本、韓国vsインドネシアが開催。26日にウズベキスタンvsサウジアラビアイラクvsベトナムが行われる。

準々決勝で敗れたチームはパリ・オリンピック行きはなし。勝利したチームはプレーオフを含めてパリ行きのチャンスが残ることとなる。

◆準々決勝
4月25日(木)
《23:00》
【1】U-23カタール代表代表 vs U-23日本代表
[ジャシム・ビン・ハマド・スタジアム(ドーハ)]

《26:30》
【2】U-23韓国代表代表 vs U-23インドネシア代表
[アブドラー・ビン・ハリファ・スタジアム(ドーハ)]

4月26日(金)
《23:00》
【3】U-23ウズベキスタン v U-23サウジアラビア代表
[ハリファ国際スタジアム (ドーハ)]

《26:30》
【4】U-23イラク代表代表 vs U-23ベトナム代表
[アル・ジャヌーブ・スタジアム (アル・ワクラ)]