galgo.jpg ギャルのための総合エンタメモバイルサイト「GRP」が、ニコニコ動画タッグを組み、「ギャルAWARD2010」を開催。2010年12月11日ニコニコ生放送「『GRPっちょ!!』~ギャルAWARD2010~ゲストてんちむ」と題して放送された。毎年恒例となっている「ギャル流行語大賞」の発表会も行われ、GRPを利用する約2万人のギャルたちが選んだ2010年流行語大賞は、「アゲぽよ」「サゲぽよ」に決定した。

 カリスマブログギャルてんちむさんをゲストに迎えて行われた今回の「ギャル流行語大賞」発表会では、GRPのまぁ~さ編集長とアミーゴ副編集長が、視聴者とのニコ電を交えながらランクインした流行語について視聴者にレクチャーしていった。

 ちなみに5位までの流行語はこちら。

1位 アゲぽよ・サゲぽよ(テンションが上がること・下がること)
 てんちむさんによる使い方の例:「馬刺し美味くてアゲぽよ~」

2位 〇〇なう (「今〇〇にいます」の意味。ツイッターブームに)

3位 ゲットン(GET ONの略。「ゲットした」の意味。タレント木下優樹菜さんがCMで使用していたことから広まった)

4位 ~な件(「~について」の意味。主にブログタイトルなどで使用される)

5位 リア充リアルの生活が充実している人)
 てんちむさん曰く、ギャルに「リア充」は意外と少ないらしい

カッコ内は筆者調べ。すべて諸説あり

 5位以下には、「~し」(語尾を「し」にする。例:うまい→うまし!、やばい→やばし!)、「おつハムニダ」 (「お疲れ」の意味)などがランクイン。流行語大賞にも関わらず、視聴者からは「わかんねーw」とのコメントがされることもあり、一般的には決して認知度が高いと言えない流行語もあった。

 さらに今回は、「GRP」にて独自にノミネート候補を募集した他のランキングの選考も行われた。ユーザーアンケートによって次々に大賞が決められ、「ギャル的好きな少年漫画」には「ONE PIECE」が圧倒的人気で受賞、「ギャル的抱かれたくない芸能人」ではバナナマン日村勇紀さんが圧倒的多数で選ばれるなど、最後まで目の離せない放送になった。

『GRPっちょ!!』~ギャルAWARD2010~ゲストてんちむ
http://live.nicovideo.jp/watch/lv33911957
(番組はタイムシフト機能2010年12月18日まで視聴できる)

村井克成