Quantic Dreamは5月28日、同社が手がけた人気作『Detroit: Become Human(デトロイト ビカム ヒューマン)』を60%オフの1800円(税込)で購入できるセールをSteamにて開催した。期間は6月4日までとなっている。

また、本作以外にも『BEYOND: Two Souls』が70%オフの690円(税込)、『Heavy Rain』が75%オフの575円(税込)、『Fahrenheit: The Indigo Prophecy』が75%オフの300円(税込)で販売されている。

『デトロイト ビカム ヒューマン』は、2018年よりPlayStation 4版、2019年よりPC版が発売されたアクションアドベンチャーゲームだ。AI技術とロボット工学の発達により、アンドロイド産業で栄えた2038年のアメリカ・デトロイトを舞台に、3人の主人公が織りなすストーリーが展開される。

主人公となるのは警察の捜査をサポートするために製造された「コナー」、女性型アンドロイドの「カーラ」、画家であるカールを介護する「マーカス」の3人。それぞれ個人のストーリーを持つが時系列が同じなため、お互いが邂逅するときもある。

『デトロイト ビカム ヒューマン』のSteam版を60%オフの1800円で購入できるセールが開催中_001

本作の特徴はなんと言っても分岐しまくるストーリーだろう。プレイヤー自身が選んだ些細な決断によってストーリーはいくつにも分岐し、エンディングが変わってしまうことだってある。また、各選択肢は後に何%のプレイヤーが同じルートを選んだかも見ることができる。

没入感が高くプレイヤーを引き込む巧みなシナリオを始めとしたさまざまな要因から世界中で高く評価され、2024年2月時点で900万本も売り上げている。

なお、今回のセールではセール対象の4作品がさらに安く購入できるバンドルも安くなっている。今までプレイしたことのなかった人はこれを期に遊んでみてはいかがだろうか。

『デトロイト ビカム ヒューマン』の公式サイトはこちら