伝説のアーティスト、ボブ・マーリーの知られざる激動の生涯を描いた映画『ボブ・マーリー:ONE LOVE』(公開中)の「バイブスぶち上げナイト!」と題した発声可能上映イベントが5月30日TOHOシネマズ新宿で行われ、松尾駿(チョコレートプラネット)、HAN-KUN(湘南乃風)が登壇。MCをこがけんが務め、ボブ・マーリー愛溢れる3人で本作の楽しみ方をレクチャーした。

【写真を見る】“松尾アンダーグラウンド”のオリジナルダンスに会場は大爆笑

ジャマイカが生んだ伝説、ボブ・マーリーの波瀾万丈な36年の人生を描く本作はイギリスフランスで公開初日の興行収入が『ボヘミアン・ラプソディ』(18)超えを記録。マーリーの母国ジャマイカでは史上最高の初日興収を叩きだす大ヒット。そしてマーリーが唯一アジアでコンサートを開催した日本でも多くの人々を魅了中。日本はアジアのなかでも最高のオープニング興収を記録した。14日に開催されたジャパンプレミアには主演を務めるキングズリー・ベン=アディル、レイナルド・マーカス・グリーン監督、プロデューサーのジギー・マーリーが来日。さらにMIYASHITA PARKで開催された映画公開前夜祭には約5,000人が集まるなど、大いに盛り上がるなかで映画公開を迎えた。

映画好きのこがけんは姉の影響で小さいころからボブ・マーリーの音楽に触れていたという。「5、6歳のころからR&Bやソウルファンクを聴く流れでボブ・マーリーを知って今日に至ります。ボブ・マーリー大好きです!」と笑顔。中学生のころにはライブバージョンやスタジオ録音での曲のテンポの違いを得意気に語るくらいハマっていたようで、「友達にマウントを取って嫌われていました」とどこか誇らしげに告白し笑わせた。

映画のアンバサダーを務める松尾はジャパンプレミアを振り返り、本作のプロデューサーでボブ・マーリーの息子でもあるジギー・マーリーとの対面は「夢のようだった」と話し、「芸人をやっていてまさか会えることがあるなんて。芸人をやっていて本当によかった」としみじみ。しかし、ジャパンプレミアでは緊張のあまり思うように話ができなかったそうで「“お会いできて光栄です”という定型文のような挨拶をわざわざ通訳してもらうという…」と苦笑い。さらに緊張してガチガチな様子をネットニュースに取り上げられたことに触れ「松尾地蔵って書かれまして」と明かし、掲載された自身の写真の表情を再現し笑いを誘う場面もあった。

「歳を重ねていくなかで、どんどんボブが沁みてくる」と切りだした松尾は映画を通してもボブ愛がさらに高まったようで、ポップアップにも足を運んだという。「映画を観るとボブが着ている服を着たくなる」と話し、音楽だけでなくボブ・マーリーという存在そのものに惹かれていると熱弁し、会場から大きな拍手を浴びていた。松尾はHAN-KUNがパフォーマンスし前夜祭にも参加する気満々だったが、入場規制が出ていることをニュースで知り断念したという。「僕の知り合いもみんな行きたいって。でも入れなくて…」と話したHAN-KUNは「(入場規制の)柵の向こうに人が溢れているのをバイブスで感じるくらいすごかった!」と盛り上がりの様子を解説していた。

バイブスをぶち上げろ!映画『ボブ・マーリー:ONE LOVE』の楽しみ方を伝授

発声可能上映イベントは映画を観た多くの人からの「踊りながら観たい」「歌いながら観たい」という声で実現したもの。ボブ・マーリーの人生を感じながら歌い、リズムに乗り、愛を叫べるファン待望のイベントということで、上映前にはボブ・マーリー愛に溢れる3人が発声可能上映の楽しみ方を伝授。ポイントは全部で5つ。「ボブ・マーリーラスタのファッションに身を包む」「ボブ・マーリーの音楽とメッセージの背景を知る!」「ボブ・マーリーの登場や名言に反応する!」「ボブ・マーリーの名曲で踊る!」「ボブ・マーリーの名曲を一緒に歌う!」の5つの項目でそれぞれの知識と愛を披露し、映画をより深く楽しむためのポイントにも触れる。

間には「映画を3倍楽しめる!用語解説」のコーナーも挟み、ここではこがけんのボブ・マーリー知識が炸裂。まるでカンペを読んでいるかのようにスラスラと豆知識を盛り込むトークを展開するこがけんに松尾が「どこかに書いてあるの?探してるけど、どこにもない。どこ見てしゃべってるの?」と驚きを隠せない様子で問いかけると、「アンバサダーはこがけんのほうが良かったんじゃない?」とHAN-KUNのツッコミが入り、会場は大爆笑していた。

ボブ・マーリーの名曲で踊る!」を語る際には、HAN-KUNの呼び込みでラスタカラーのタンクトップ姿に着替えた松尾が旧芸名の“松尾アンダーグラウンド”として登場。伝説のレゲエダンサーとして紹介されるも、ダンスのコツは「まったくありません!」とニヤリとしながら独特のテンポで横揺れするオリジナルダンスを披露。「このダンスは絶対に映画には出てきません」と笑い飛ばし、「自由に踊ってもらえばいい。周りに迷惑がかからなければ」と踊り続ける。“松尾アンダーグラウンド”の踊りがOKならばどんなノリでも大丈夫と安心させてくれる一幕だった。

クチャーで一番の盛り上がりを見せたのは「ONE LOVE」を踊りながら熱唱する場面。映画では名曲が次々と登場するが、やっぱり歌いたくなる、踊りたくなるのは「ONE LOVE」という声も多い。サイリウムを振りながら、体を自由に揺らし、歌詞を見ずに熱唱した3人。HAN-KUNが大絶賛し、松尾が「なにハモッてんのよ!」とちょっぴりジェラシーを抱くほどの歌唱力を惜しげもなく披露したこがけんは、オリジナルのアレンジを加えるなどノリノリで歌い上げた。発声可能上映では、“周りに迷惑をかけない範囲で”自分が気持ちよくなれる方法で自由に楽しむのがおすすめとのことだ。

ボブ・マーリーを愛してやまない3人でも本作で新たに知ることが多かったという。ボブ・マーリーの知られざる人生を知ることで、音楽への理解度も愛もより深まると3人が熱弁した本作。今回の発声可能上映は「第1回目」とのことなので、今後再び開催されることがあれば、この日のレクチャーを参考に参加してみてはいかがだろうか。

取材・文/タナカシノブ

映画『ボブ・マーリー:ONE LOVE』(公開中)バイブスぶち上げナイト!で映画の楽しみ方五箇条をレクチャー!