メイン画像

今週末は、関東や東北で変わりやすい天気で、局地的に大雨となる可能性があり、注意が必要です。また、沖縄もザーザー降りの雨となり、警報級の大雨となるおそれがあります。

晴れる所が多いが2日(日)は天気急変に注意

画像A

明日6月1日(土)は日本付近は緩やかに高気圧に覆われ、北海道から九州は日差しの出て、お出かけ日和となる所が多いでしょう。ただ、東北や関東は気圧の谷の影響を受け、午後を中心に雨の降る所がありそうです。外出の際は、雨具を用意しておいてください。
最高気温は、北海道と東北は20℃くらい、関東から九州は25℃~30℃くらいの所が多いでしょう。東海や九州などでは30℃以上の真夏日となる所もあり、熱中症に注意が必要です。

明後日6月2日(日)は、寒気を伴った気圧の谷や、暖かく湿った空気の影響で、北日本や東日本では大気の状態が不安定となりそうです。空模様の急な変化にご注意ください。東北や北陸、関東、東海は雲が広がりやすく、雨が降るでしょう。北陸では昼ごろから夕方にかけて、東北や関東は夕方から日付が変わるころにかけて活発な雨雲やカミナリ雲がかかるでしょう。特に東北の太平洋側では雨の量が多くなるおそれがあり、注意が必要です。
一方、北海道と、近畿から九州では日差しがありそうです。
最高気温は、北海道や東北、北陸は20℃くらいの予想です。関東から九州は25℃前後で、暑さは少し和らぎそうです。

沖縄は「警報級の大雨」のおそれも

前線に近い沖縄は、1日(土)、2日(日)とも断続的に雨が降り、カミナリを伴ってザーザー降りの雨となる時間もありそうです。
南シナ海の熱帯低気圧が今後台風になる予想で、周辺の暖かく湿った空気が流れ込んで前線の活動が活発になる見通しです。暖かく湿った空気の流れ込みの程度などによっては、警報級の大雨となるおそれもあるため、ご注意ください。

天気急変のサイン

画像C

局地的な大雨の前兆となる現象は、大きく3つ挙げられます。

①「真っ黒な雲が近づいてきた」
局地的な大雨をもたらすような、発達した積乱雲は、真っ黒に見えます。黒い雲が速いスピードで動いているように見えたり、晴れていたのに、急に空が暗くなったりするのも、局地的な大雨のサインの一つです。

②「雷の音が聞こえてきた」
ゴロゴロという音が聞こえてきたら、雷雲が近づいています。また、稲妻が見えるのも、局地的な大雨のサインの一つです。

③ 「急に冷たい風が吹いてきた」
発達した積乱雲からは、雨粒とともに、冷たい風が勢いよく吹き降りてきます。風の変化にも、注意が必要です。

このような前兆を感じたら、すぐに安全な所へ避難してください。また、雷注意報が発表されている時や、天気予報で「大気の状態が不安定」、「天気が急変」という言葉を聞いた時には、局地的な大雨の可能性がありますので、ご注意ください。

週末天気 関東や東北は天気急変に注意 沖縄は「警報級の大雨」のおそれも