読書メーター 読みたい本ランキング第1位獲得!(単行本部門 週間)
大人気シリーズ最新刊が登場。


ミステリ作家の櫻田智也さんによる、昆虫好きの心優しい青年・魞沢泉(えりさわ・せん)を主人公にした人気シリーズの最新刊が5月31日に発売となります!

魞沢が行く先々で出会う謎の数々。切なくも心温まるミステリ短編集です。

シリーズ二作目の『蝉かえる』は2020年の単行本刊行時に反響を呼び、多くの作家や書店員から絶賛され注目を集めました。また、翌21年には第74回日本推理作家協会賞と第21回本格ミステリ大賞を受賞する、快挙を成し遂げました。

刊行に際して、担当編集者からのコメントをお届けします。

本作は、第74回日本推理作家協会賞と第21回本格ミステリ大賞を受賞した『蟬かえる』に匹敵する、〈魞沢泉〉シリーズ最新作です。全6話には、不思議な謎に絡む、亡くなった人間/残された人間の繊細な感情が描かれています。彼ら彼女らの切ない心模様を、魞沢くんが推理で謎と共に解き明かすことで、暖かな「真実」も同時にすくい上げ、事件関係者の心も救うことができるのです。そんな唯一無二の傑作ミステリを、どうぞよろしくお願いいたします!

また、書店員の方からも多くの応援の声が届いています!


さらに、最新刊刊行を記念して、書店限定特典の企画も実施いたします。

●三省堂書店限定特典
特別掌編『ミツバチと押し花』アンコール公開&ここだけのあとがき「青の追憶」公開



コーチャンフォー限定特典
特製しおり配布


待望の〈魞沢泉〉シリーズ最新刊『六色の蛹』に、どうぞご注目ください!

■書誌情報

六色の蛹

櫻田智也

判型:四六判仮フランス

ページ数:266ページ

ISBN:978-4-488-02903-6

Cコード:C0093

定価:1,980円(税込)

装画:河合真維

装幀:長崎綾(next door design)

内容紹介:

昆虫好きの心優しい青年・魞沢泉(えりさわ・せん)。行く先々で事件に遭遇する彼は、謎を解き明かすとともに、事件関係者の心の痛みに寄り添うのだった……。ハンターたちが狩りをしていた山で起きた、銃撃事件の謎を探る「白が揺れた」。花屋の店主との会話から、一年前に季節外れのポインセチアを欲しがった少女の真意を読み解く「赤の追憶」。ピアニストの遺品から、一枚だけ消えた楽譜の行方を推理する「青い音」など全六編。日本推理作家協会賞本格ミステリ大賞を受賞した『蝉(せみ)かえる』に続く、〈魞沢泉〉シリーズ最新作! 著者あとがき=櫻田智也

■著者プロフィール

櫻田智也

サクラダトモヤ)

1977年北海道生まれ。埼玉大学大学院修士課程修了。2013年「サーチライトと誘蛾灯」で第10回ミステリーズ!新人賞を受賞。17年、受賞作を表題作にした連作短編集でデビュー。18年、同書収録の「火事と標本」が第71回日本推理作家協会賞候補になった。21年、『蝉(せみ)かえる』で第74回日本推理作家協会賞と第21回本格ミステリ大賞を受賞。

株式会社東京創元社 所在地  :〒162-0814 東京都新宿区小川町1-5
代表取締役:渋谷健太郎
URL   :https://www.tsogen.co.jp/np/index.html

配信元企業:株式会社 東京創元社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ