2024年5月24日(金)よりNetflix世界独占配信・日本劇場公開中の長編アニメーション映画「好きでも嫌いなあまのじゃく」(監督:柴山智隆、企画・製作:ツインエンジン、制作:スタジオコロリド)を全力で応援する「好きあま@米沢応援隊」(運営:米沢アニメツーリズム誘客推進協議会(所在地:山形県米沢市、会長: 伊藤優子))・会員:プラットヨネザワ株式会社(所在地:山形県米沢市、代表取締役 宮嶌浩聡))は、2024年6月1日(土)より「好きあま」のロケ地を楽しく巡る「よねざわ・やまがた巡礼スタンプラリー」を開催します。


柊とツムギが旅した実際の場所を楽しく巡れるスタンプラリーは2種類あり、無料版は米沢エリア有料版は米沢・上山・山形エリアを巡ります。無料版・有料版それぞれ、季節ごとに2~3種類の景品をご用意しました。

山形県は四季がはっきりしていて、季節により全く違う風景やグルメが楽しめますので、何回でも山形・米沢を訪れてロケ地を巡り景品をコンプリートしてください!

【無料版】よねざわ巡礼スタンプラリー


【無料版】好きでも嫌いなあまのじゃく よねざわ巡礼スタンプラリー台紙(表面)

【無料版】好きでも嫌いなあまのじゃく よねざわ巡礼スタンプラリー台紙(中面)

■【無料版】よねざわ巡礼スタンプラリー開催期間

2024年6月1日(土)~2025年5月24日(土)

■ロケ地+スタンプ設置場所(6か所)

1.[ロケ地]米沢駅 [設置場所]置賜広域観光案内センター ASK米沢駅内)

2.[ロケ地]山形県立米沢商業高校 [設置場所]梅花堂

3.[ロケ地]笹野観音 [設置場所]笹野民芸館

4.[ロケ地]西條天満公園 [設置場所]ナセBA

5.[ロケ地]小野川温泉 宝寿の湯 [設置場所]同所

6.イオンシネマ米沢(上映劇場)

■景品引換所(3か所)

1.置賜広域観光案内センター ASK米沢駅構内)

2.道の駅米沢

3.米沢観光コンベンション協会

スタンプラリー台紙配布場所(8か所)

1.置賜広域観光案内センター ASK米沢駅構内)

2.梅花堂

3.笹野民芸館

4.ナセB

5.小野川温泉 宝寿の湯

6.イオンシネマ米沢

7.道の駅 米沢

8.米沢観光コンベンション協会

■米沢限定オリジナルデザイン!景品一覧

【第1弾】スクエア缶バッジ [期間]2024.6.1(土)~7.31(水)

【第2弾】描き下ろしステッカー(紅花バージョン) [期間]2024.8.1(木)~12.31(火)

【第3弾】描き下ろしステッカー(雪灯籠バージョン)[期間]2025.1.1(水)~5.24(土)

※景品は1回の引き換えにつき、お一つまでとなります。

■よねざわ巡礼スタンプラリーの楽しみ方

1)スタンプラリー台紙配布場所(8か所)でスタンプラリー台紙を手に入れよう!

2)スタンプラリー台紙を持ってスタンプ設置箇所(6か所)を巡り、スタンプを所定の位置に押して集めよう!

3)スタンプを全て集めたら景品引換所(3か所)へ行って景品をGET!

【有料版】やまがた巡礼スタンプラリー


【有料版】好きでも嫌いなあまのじゃく やまがた巡礼スタンプラリー 御朱印帳風スタンプ帳(表面)

【有料版】好きでも嫌いなあまのじゃく やまがた巡礼スタンプラリー 御朱印帳風スタンプ帳(中面)

■【有料版】やまがた巡礼スタンプラリー開催期間

2024年6月1日(土)~2025年5月24日(土)

■ロケ地+スタンプ設置箇所(6か所)

1.[ロケ地]米沢駅 [設置個所]置賜広域観光案内センター ASK米沢駅内)

2.[ロケ地]西條天満公園 [設置個所]ナセBA

3.[ロケ地]小野川温泉 宝寿の湯 [設置個所]同所

4.[ロケ地]酒造資料館 東光の酒蔵 [設置個所]同所

5.[ロケ地]山寺日枝神社 [設置個所]同所

6.[ロケ地]花咲山展望台 [設置個所]彩花亭時代屋 

御朱印帳風スタンプ帳販売&景品引換所(5か所)

1.置賜広域観光案内センター ASK米沢駅内)

2.米沢観光コンベンション協会

3.道の駅米沢

4.道の駅やまがた蔵王

5.山寺日枝神社

御朱印帳風スタンプ帳(購入特典付き)

【販売価格】1,000円(税込)

【購入特典】

 第1弾:スクエア缶バッジ [期間]2024.6.1(土)~7.31(水)

 第2弾:描き下ろしステッカー(紅花バージョン) [期間]2024.8.1(木)~12.31(火)

 第3弾:描き下ろしステッカー(雪灯籠バージョン)[期間]2025.1.1(水)~5.24(土)

■山形限定オリジナルデザイン!景品一覧

【第1弾】描き下ろしクリアファイル(紅花バージョン)

[期間]2024.6.1(土)~12.31(火)

【第2弾】描き下ろしクリアファイル(雪灯籠バージョン)

[期間]2025.1.1(水)~5.24(土)

※景品は1回の引き換えにつき、お一つまでとなります。

※2024.6.1(土)~7.31(水)までにスタンプを集めた方には、ご自宅に景品を郵送いたします。2024.8.1(木)以降は景品引換所にて景品をお渡しいたします。

■【有料版】やまがた巡礼スタンプラリーだけの特典!

主演声優の小野賢章さん(八ツ瀬柊役)、富田美憂さん(ツムギ役)と監督の柴山智隆さんの直筆寄せ書きサイン色紙を、スタンプを全て集めた方の中から抽選で2名様にプレゼント!

景品交換所でQRコードから応募フォームにアクセスして、アンケートと必要事項をご記入のうえご応募ください。

■やまがた巡礼スタンプラリーの楽しみ方

1)販売所(5か所)で御朱印帳風スタンプ帳を購入しよう!

2)御朱印帳風スタンプ帳を持ってスタンプ設置箇所(6か所)を巡り、スタンプを所定の位置に押して集めよう!

3)スタンプを全て集めたら景品引換所(5か所)へ行って景品をGET!

4)サイン色紙が当たる抽選にも参加いただけます!

好きでも嫌いなあまのじゃく ロケ地巡礼マップ


巡礼スタンプラリーと同時配布の「好きあま」ロケ地巡礼マップ(表面)

巡礼スタンプラリーと同時配布の「好きあま」ロケ地巡礼マップ(中面)

ロケ地巡礼マップは、【有料版・無料版】スタンプ設置箇所・景品引換所・スタンプ台紙配布場所に設置しております。
※配布場所は順次増やしていき、webサイトでお知らせいたします。

ロケ地巡礼マップ配布場所(2024.6.1~)

運営情報

好きあま@米沢応援隊(米沢アニメツーリズム誘客推進協議会)

所在地:〒992-0044山形県米沢市春日4丁目2-75(株式会社ニューメディア 内)

会長:伊藤 優子

設立: 2023年11月

好きあま@米沢応援隊webサイト:https://travelyonezawa.com/amanojaku-movie/

好きあま@米沢応援隊X:https://x.com/yonezawa_anime/

【問い合わせ先】

米沢アニメツーリズム誘客推進協議会 事務局

担当:鈴木 美由紀(事務局長)

事務局TEL:0238-33-0222 / MAIL:yonezawa.anime@gmail.com

受付時間 10:00~17:00

映画「好きでも嫌いなあまのじゃく」作品情報


STORY

高校1年生(ひいらぎ)は、“みんなに嫌われたくない”という想いから、気づけば“頼まれごとを断れない”性格に。毎日“誰かのために”を一生懸命やってみているのに、親友と呼べる友だちがいない。
季節外れの雪が降ったある夏のこと。
いつも通り頼まれごとを頑張ってみたものの、やっぱり“何か”が上手くいかない。
「なんだかな」と家に帰る途中、泊まるあてがないというツムギを助けるが……その夜、事件が起きる。
とあることで父親と口論になりそうになるも、“本当の気持ち”を隠してしまった柊。言葉にできない何かを抱えながら、部屋で居眠りをしてしまう。
ふと寒さで目が覚めると、部屋が凍りついていて!?柊はお面をつけた謎の化け物に襲われるが、異変に気付き助けに来たツムギとふたりで、部屋を飛び出す。
一息ついた先でふとツムギの方を見ると……彼女の頭には“ツノ”が!?
ツムギは自分が“鬼”で、物心つく前に別れた母親を探しにきたという。そして、柊から出ている“雪”のようなものは、本当の気持ちを隠す人間から出る“小鬼”で、小鬼が多く出る人間はいずれ鬼になるのだと……。
柊はツムギの「お母さん探しを手伝って欲しい」という頼みを断り切れず、一緒に旅に出ることに。しかし、時を同じくして、ツムギの故郷・鬼が暮らす“隠の郷(なばりのさと)”でも事件が起きていて--。

CAST

小野賢章富田美憂

浅沼晋太郎山根 綺、塩田朋子、斎藤志郎、田中美央、ゆきのさつき、佐々木省三、日高のり子三上 哲京田尚子

STAFF

監督:柴山智隆

脚本:柿原優子/柴山智隆

キャラクターデザイン:横田匡史

キャラクターデザイン補佐:近岡 直

色彩設計:田中美穂

美術監督:稲葉邦彦

CG ディレクター:さいとうつかさ

撮影監督:町田 啓

編集:木南涼太

音楽:窪田ミナ

音響監督:木村絵理子

配給:ツインエンジン・ギグリーボックス

企画・製作:ツインエンジン

制作:スタジオコロリド

公式リンク

好きでも嫌いなあまのじゃく公式サイト

https://www.amanojaku-movie.com/

スタジオコロリド公式X

https://twitter.com/studiocolorido/

ツインエンジン公式YouTube

https://www.youtube.com/@TWINENGINE

配信元企業:プラットヨネザワ株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ