ディズニー公式動画配信サービスDisney+(ディズニープラス)にてマーベル作品が見放題独占配信されている。スパイダーマンを演じ、日本では“トムホ”の愛称で親しまれているトム・ホランドが、6月1日(土)に28歳の誕生日を迎える。誕生日を機に、トムホ演じるスパイダーマンがアベンジャーズの一員としておさめてきた輝かしい戦歴を振り返る。

【写真】「アベンジャーズ/エンドゲーム」にてスパイダーマンを演じるピーター・パーカ

■トム・ホランド「僕の人生とキャリアはスパイダーマンのおかげ」

2016年の「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」でマーベル作品に初登場して以降、2017年には英国アカデミー賞のライジング・スター賞を史上最年少で受賞したトムホ。「スパイダーマン:ホームカミング」(17)では史上最年少でMCU映画の主演を演じ大ヒットを飾るなど、ピーター・パーカー=スパイダーマンというキャラクターはトムホにとって役者人生を大きく左右する存在となった。

また、トムホは海外メディアDEADLINEに対し「僕はずっとスパイダーマン映画に出たいと思っているよ。僕の人生とキャリアはスパイダーマンのおかげで成り立っている。ずっと演じていたいよ」と、スパイダーマンが自身にとっていかに大きな存在であるかを語っている。

さらにトムホといえば作品の“ネタバレ”をうっかり漏らしてしまうことでおなじみで、SNSでの生配信や舞台挨拶など様々な場で重大なネタバレを犯してしまうが、世界では「スポイラーマン」、日本でも「ネタバレ王子」として親しまれ、ファンから愛されている。

■マーベル作品デビュー作の「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」

キャプテン・アメリカの相棒バッキー・バーンズ=ウィンター・ソルジャーの殺人容疑に対する無罪をかけ、アベンジャーズの対立が描かれた「シビル・ウォー」。アイアンマンことトニー・スタークによってスカウトされたピーターは、空港での大乱戦にスパイダーマンとして助っ人登場。当時のトムホは19歳だ。

初めて会うキャプテン・アメリカに敵対している関係ながらもファンであることを伝えるなどお茶面な一面も見せつつ強烈な一撃を食らわせるほか、ファルコンやウィンター・ソルジャーを相手に善戦、さらには巨大化したアントマンを糸で縛り上げ身動きをとれなくさせるなどチームに貢献し、輝かしいマーベル作品初登場を飾った。

■アベンジャーズとして認められた「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」

課外授業に向かうスクールバスに乗っていたピーターは、危険を察知しニューヨークで戦いを繰り広げるアイアンマンやドクター・ストレンジらの元に参戦。敵陣の宇宙船に引き寄せられるストレンジを助けるべく自身も乗り込み、絶体絶命のストレンジをアイアンマンとともに助け出すことに成功。

これまではその若さを理由に、戦いの第一線への参加をスタークから止められていたが、本作で「坊や、アベンジャーズだ」と言葉をかけられ正式にアベンジャーズのメンバーとして認められた。

そしてアベンジャーズ最凶の敵・サノスとの交戦においては仲間と協力し動きを止めることに成功するが、あと一歩のところで逃げられてしまう。そしてサノスの“指パッチン”により、スタークの腕の中で塵となって消えてしまう。

■師との再会が魅力な「アベンジャーズ/エンドゲーム」

アベンジャーズの尽力により塵と化したメンバーが復活し、サノス率いる軍勢との最終決戦に他の仲間とともに駆け付けたピーター。大乱闘を繰り広げている中で、師であったスタークと感動の再会。

そして6つのインフィニティ・ストーンが埋められた装置をブラックパンサーから託されたスパイダーマンは、アベンジャーズの面々に助けられながらも敵から守り、応戦に駆け付けたキャプテン・マーベルへと託す。無事サノスとの最終決戦に打ち勝つがスタークは瀕死となってしまい、彼に駆け寄り最期を看取った。

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」より/(c) 2024 Marvel