SaaS「taias I/F(タイアス インターフェース)」の開発と運用保守サービス事業を展開する株式会社ZERONI(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:西浦 智博、以下「ZERONI」)は、「taias I/F」が搭載するシステム間の標準的な連携が最短1日から可能となる「Express Template」機能において、株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:辻 庸介、以下「マネーフォワード」)が提供する「マネーフォワード クラウド経費」および「マネーフォワード クラウド債務支払」からのマルチレイアウト形式のデータ連携に対応したテンプレートを導入いたしましたので、お知らせします。


ZERONIは、インターフェース(システム間のデータ連携)の要件定義と構築を圧倒的低コストで実現するプラットフォーム「taias I/F(タイアス インターフェース)」を提供しています。

従来のインターフェース構築においては、開発・運用・保守にかかる膨大なコストが事業会社の負担となっていました。特にマルチレイアウト形式CSV(※1)など、特殊なデータ形式を扱うシステムの場合は、SIerにインターフェース構築を頼らざるを得ず、コスト増を避けることが難しい状況にありました。

※1:CSVの各行に複数のフォーマットが混在するデータ形式

■マルチレイアウト形式のデータでも「マネーフォワード クラウド」からの連携が最短1日から可能に

「taias I/F」では、プラットフォーム上でアシスタントから"クエスト"として提供されるタスクを実行していくだけで、要件定義書の作成から自動コード生成までを実施することができ、連携したいインターフェースを自社で構築していくことが可能です。

このたび、「taias I/F」が搭載するシステム間の標準的な連携が最短1日から可能となる「Express Template」機能において、「マネーフォワード クラウド経費」および「マネーフォワード クラウド債務支払」から、マルチレイアウト形式のデータを扱うシステム(※2)への連携に対応したテンプレートを新たに導入いたしました。

「Express Template」では、すでに用意されたテンプレート一覧から対象のものを選ぶだけで、システム間で連携するデータの一覧や各データ項目のマッピングなどがプリセットされたプロジェクトが自動で作成されます。作成されたプロジェクトをもとに各企業での運用に合わせてマッピングを修正するだけで、「マネーフォワード クラウド経費」および「マネーフォワード クラウド債務支払」からの連携に必要なインターフェースを最短1日で構築することが可能です。また、テンプレートでカバーしていない項目も「Smart Connect」機能を利用して簡単に要件定義を行うことができます。

このたびの新たなテンプレートの導入により、特殊なデータ形式であっても、「マネーフォワード クラウド」からのデータ連携を柔軟かつ低コストに実施いただくことが可能になりました。

「taias I/F」の「Express Template」機能では、今後も複雑な要件に対応できるテンプレートの拡充を進め、データ連携に課題を抱えているSaaSベンダーや事業会社の課題解決を支援してまいります。

対象テンプレート

「マネーフォワード クラウド経費」

・経費精算計上仕訳(汎用マルチレイアウトCSV出力・日次)

・経費精算支払仕訳(汎用マルチレイアウトCSV出力・月次)

・経費精算計上仕訳(経費計上マルチレイアウトCSV出力・日次)


「マネーフォワード クラウド債務支払」

・支払依頼計上仕訳(汎用マルチレイアウトCSV出力・日次)

・支払依頼支払仕訳(汎用マルチレイアウトCSV出力・月次)

※2:対象テンプレートで対応している連携元のSaaS、 ERPプロダクトについては別途お問い合わせください

■taias I/F(タイアス インターフェース)について

taias I/Fは、これまでSIerに頼らざるを得なかったインターフェース(システム間のデータ連携)の要件定義と構築を圧倒的低コストで可能にするプラットフォームです。

プラットフォーム上でアシスタントから”クエスト”として提供されるタスクを実行していくだけで、連携したいインターフェースを自社で構築していくことが可能となります。従来のインターフェース構築プロジェクトとは異なり、何度でもソースコードの作成をプラットフォーム内で実行することができるため、仕様追加や変更による追加コストを気にすることなく、自社が作成したいインターフェースになるまで仕様の変更等を行うことができます。SIerを介さずとも、SIerと作成する粒度での高品質なインターフェース構築が本プラットフォームのみで完結します。

<「taias I/F」の特徴>

  1. 最先端技術を搭載したキャラクターがアシスタントとして初めてのインターフェース構築を手厚くサポート

    実際のインターフェース構築前に操作方法を擬似体験。キャラクターを通して、課題解決のサポートを提供します。

  2. クエスト化されたプロセスでゲーム感覚でプロジェクト進行が可能

    必要なタイミングで提供されるクエスト(タスク)を消化していくだけでインターフェース構築が完了。すべてのタスクが可視化されるのでインターフェース構築完了までのスケジュールが明確になります。

  3. クエストを通じて作成した要件定義書を元に自動コード生成

    ソースコードの作成は何度でもトライ&エラーが可能。仕様追加や変更による追加コストはもちろん不要。

  4. 通常のSIerとのプロジェクトを超えたUX体験

    専用のUIで直接各システムに接続し、その結果を元に要件定義ができる「Smart Connect」、システム間の標準的な連携が最短1日から可能となる「Express Template」といった、従来の要件定義書の作成にかかるコストを大幅に削減しつつ、ユーザーの利用難易度を下げる機能を実装。

※SmartConnect、 Express Templateに対応しているSaaS、 ERPプロダクトについては別途お問い合わせください

サービス紹介ページ:https://zeroni.co.jp/taias-if/

サービスへのお問い合わせ:https://zeroni.co.jp/taias-if-contact/

■『マネーフォワード クラウド経費』について

 『マネーフォワード クラウド経費』は、成長・変革企業で幅広くご利用いただいているクラウド型経費精算システムです。カード明細や交通系ICカードの自動読取など手入力をなくし、業務効率化を実現。経費登録、申請、承認はスマホでも対応可能です。

URL:https://biz.moneyforward.com/expense/

■『マネーフォワード クラウド債務支払』について

『マネーフォワード クラウド債務支払』は、請求書やワークフロー管理に関わる業務を効率化する債務管理システムです。購買・発注や請求書の支払における申請・承認・決裁のワークフローを、クラウド上で完結できます。紙の稟議書や請求書の回覧が不要になるため、ペーパーレス、ハンコレスでの対応が可能になります。また、外出先や自宅からでも申請と承認作業が可能なため、テレワークでも活用できます。

URL:https://biz.moneyforward.com/payable/

■株式会社マネーフォワードについて

名称  :株式会社マネーフォワード

所在地 :東京都港区芝浦 3-1-21 msb Tamachi 田町ステーションタワーS 21F

代表者 :代表取締役社長CEO 辻庸介

設立  :2012年5月

事業内容:PFMサービスおよびクラウドサービスの開発・提供

URL  :https://corp.moneyforward.com/

主要サービス:

お金の見える化サービス『マネーフォワード ME』 https://moneyforward.com/

バックオフィスSaaS『マネーフォワード クラウド』 https://biz.moneyforward.com/

*記載されている会社名および商品・製品・サービス名(ロゴマーク等を含む)は、各社の商標または各権利者の登録商標です。

■株式会社ZERONIについて

株式会社ZERONIは、「伝統と革新を共存させて 新しい当たり前を創る」をミッションとして掲げ、SaaS「taias(タイアス)」の開発と運用保守サービス事業を展開しております。私たちは、潜在化してしまったIT負債で困っている顧客の課題をテクノロジーの力を使い解決していきます。

コーポレートホームページ:https://zeroni.co.jp/

お問い合わせ:https://zeroni.co.jp/contact/

【会社概要】

会社名:株式会社ZERONI

所在地:〒101-0051

    東京都千代田区神田神保町1-50 浦野ビル8階 &PLACE

代表者:代表取締役CEO 西浦 智博

設立 :2019年11月1日

配信元企業:株式会社ZERONI

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ