Crystal Lakeが、老舗レコード会社Century Media Recordsとワールドワイドの契約を結び、最新シングル「Bludgod」をリリースした。

 Century Mediaとの契約について、Crystal Lakeの中心人物であり、ギタリストのYDは、「俺たちはCentury Mediaのバンドをたくさん聴いて育ってきました。歴代の所属バンドが素晴らしい歴史を築き上げたように、今度は自分たちがその一部となり、新しい歴史を一緒に作っていける事を嬉しく思います。」と語る。

 そんなCrystal LakeがCentury Mediaとタッグを組みリリースする最新シングル「Bludgod」は、前作に引き続き、Jeff Dunne(Ice Nine Kills、Knocked Loose、Make Them Suffer、Currents)がミックス/マスタリングを担当。現在、花冷え。とツアー中のLeft To Sufferのボーカルで、System Of A DownのベーシストShavoの新バンドSeven Hours After VioletのボーカルでもあるTaylor Barberがゲスト・ボーカルとして参加している。

 Crystal Lakeのボーカルのジョンは、この曲の内容について下記のようにコメントしている。「『Bludgod』は、俺たちが今、いかにシステムの奴隷になってしまっているかってことについて歌っている曲なんだ。俺たちは皆、生活するために社会の歯車の中で重労働を課せられて、犠牲にしないといけないものがあると思い込まされている。でも実際のところ大企業=血の神々(Bludgod)に生贄として捧げているのは、自分たち自身なんだ。」

 SiMの全米ツアー【PLAYDEAD World Tour】の全公演に帯同しアメリカで大暴れしてきたばかりのCrystal Lakeは、5月31日ドイツベルリンで開催される【Mosh City Festival】を皮切りに、【Download Festival】、【Resurrection Fest】、【Hellfest】など世界有数の巨大音楽フェスへの出演を含む25公演のヨーロッパツアーに突入。その後、Crystal Lakeは楽曲制作に入り、2025年初頭にCentury Mediaから待望の最新アルバムのリリースを予定している。


◎リリース情報
シングル「Bludgod」
2024/5/30 DIGITAL RELEASE

https://crystal-lake-band.lnk.to/BludGod
https://www.youtube.com/watch?v=rk8vpbU3gVg

Crystal Lake、ニューシングル「Bludgod」リリース Century Media Recordsとの契約も発表