産経新聞社は、日本の針路を考える論壇誌、月刊「正論」の2024年7月号を5月31日(金)に発売しました。特集は「なし崩しの“移民”受け入れ」「政治の課題」「権威主義との戦い」「気になる潮流」の4本。外国人労働者の受け入れ策を政府が推進する中、移民の経済への影響をまとめた青山学院大学教授・福井義高氏の論文のほか、情報史学研究家・江崎道朗氏、名桜大学准教授・志田淳二郎氏による寄稿など読み応えのある内容です。
【月刊「正論」公式サイト】https://www.sankei.com/monthly-seiron/magazine/

【主な内容】

■特集「なし崩しの“移民”受け入れ」

・国民を富ませない移民の経済効果 福井義高

・メディアがダメだから国会議論もダメ 原英史

・きっと再燃する外国人参政権問題 岡田邦宏

・「共生」ではなく「統合」が必要だ 三浦小太郎

■特集「政治の課題」

・改憲に本気なら内閣に「憲法準備室」を 江崎道朗

・『日本改造計画』は何だったのか 「政と官」30年前と今(第2回) 北岡伸一×香山充弘×飯尾潤×牧原出×豊田利男

エビデンス重視のジェンダー医療を 針間克己

・女性の安心を確保するために 片山さつき×山谷えり子×森奈津子

永田町事情録》五里霧中

■特集「権威主義との戦い」

ハイブリッド戦争は世界観の衝突だ 志田淳二郎

・空の守りは高コスト 反撃能力が不可欠 数多久遠

・筋金入りの親日政治家 頼総統訪日の可能性は 矢板明夫

・台湾の新潜水艦 その成否握る日本 山本勝也

・トランプ陣営の「世界戦略」を知る 古森義久

・尖閣の主権確保へ政府は拠点つくれ 山田吉彦

 編集人・田北真樹子/発行人・有元隆志/印刷所・大日本印刷株式会社/発行所・産経新聞社

【購入申し込み】

 定価950円(本体864円)。書店などで購入できます。定期購読(年間・税込み10,080円、送料無料)は富士山マガジンサービス(フリーダイヤル:0120-223-223)まで。

配信元企業:株式会社産業経済新聞社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ