株式会社SCRAP(本社:東京都渋谷区 代表:加藤隆生)は、全国の高校生および高専生を対象にリアル脱出ゲームのNo.1高校生クリエイターを決める大会、全国高校生リアル脱出ゲーム制作選手権(通称「リアル脱出ゲーム甲子園」)の第3回大会の予選を通過した8団体を発表いたしました。
■「リアル脱出ゲーム甲子園」特設サイト
https://realdgame.jp/koshien/



全国高校生リアル脱出ゲーム制作選手権「リアル脱出ゲーム甲子園」は、全国の高校生および高専生を対象に、誰が1番面白いリアル脱出ゲームを制作できるかを競う大会です。
本大会は全国にいくつもの脱出ゲームと、それを制作する生徒たちの物語が生まれたことへ感謝を込めて、その作品に光が当たる場所を作りたいとの願いから2022年に第1回大会が開催されました。
第3回大会となる今回は、前回を大幅に上回り、全部で25団体の応募がありました。大会は予選と本選の2部制で構成されており、予選では各高校の生徒が発案したリアル脱出ゲームの企画書を審査しています。本日予選の結果が発表され、本選へと進む8団体が決定いたしました。団体名と学校名は下記の通りです。
団体名/学校名(敬称略、応募順)
博多工業演劇部福岡市立博多工業高等学校福岡県
Calette/東京都立産業技術高等専門学校東京都
作人A/奈良県立奈良高等学校(奈良県
謎解き愛好会/仙台高等専門学校宮城県
Mの会/神奈川大学附属高等学校(神奈川県
あさりぐるーぷ/筑波大学附属高等学校(東京都
NAZO NEVERLAND/渋谷教育学園渋谷高等学校(東京都
Paradox/渋谷教育学園幕張高等学校(千葉県
本選は2024年8月3日(土)、4日(日)に実施。実際の会場にて生徒が運営するリアル脱出ゲームを審査員が体験し、厳正な審査基準のもと、どのリアル脱出ゲームが1番面白かったかが決まります。上位3団体にはトロフィー贈呈が行われ、優秀な作品は SCRAP店舗などでの開催を大会事務局がバックアップ予定です。
昨年行われた第2回大会では、熱戦の末優勝作品が『ある自動販売機からの脱出』、準優勝作品が『体育倉庫からの脱出したくない!』に決定し、大会後にSCRAPの店舗にて開催されております。『ある自動販売機からの脱出』は累計参加者数が1万5千人をこえる人気公演となり、『体育倉庫からの脱出したくない!』も好評の声を受けて、制作団体の地元である愛知での追加公演が先日開始しました。本日予選結果が発表された第3回大会も力作が揃っており、期待が高まります。
そして、第3回大会は、学校法人 嘉悦学園の協力により、東京、かえつ有明中・高等学校の学校施設をお借りして実施されることが決定しました。


かえつ有明中・高等学校副校長 佐野和之様のコメント:


本校が探究的な学びを進める上で大事にしているTinkering(いろいろいじってみる)の姿勢とリアル脱出ゲームの本質に相通じるところがあると感じました。参加者のTinkeringをいかに豊かに引き出せるのか?リアル脱出ゲーム制作者には知力・共感力・想像力・想像力などさまざまな力が試されることでしょう。本校を舞台に若きクリエイターたちがどんな才能を発揮するのかとても楽しみです!


リアル脱出ゲームのNo.1高校生クリエイターが決定する瞬間をぜひ共にお見守り下さい。皆様のご参加をお待ちしております。


+++【「リアル脱出ゲーム甲子園」第2回大会の様子】+++








リアル脱出ゲーム甲子園」第2回大会フォトギャラリー:https://realdgame.jp/koshien/gallery.html


+++【「リアル脱出ゲーム甲子園」第3回大会本選公演 概要】+++


■開催会場、日程
会場:学校法人 嘉悦学園 かえつ有明中・高等学校 (〒135-0062 東京都江東区東雲2-16-1)
日程:2024年8月3日(土) / 8月4日(日)
※結果発表/表彰は8月4日(日)に行われます。結果発表 / 表彰は8月3日(土)、8月4日(日)にご参加いただいた方全員が見学可能です。
■公演詳細
下記8団体の公演が2日間にわけて、それぞれ5回ずつ行なわれます。
博多工業演劇部福岡市立博多工業高等学校福岡県
Calette/東京都立産業技術高等専門学校東京都
作人A/奈良県立奈良高等学校(奈良県
謎解き愛好会/仙台高等専門学校宮城県
Mの会/神奈川大学附属高等学校(神奈川県
あさりぐるーぷ/筑波大学附属高等学校(東京都
NAZO NEVERLAND/渋谷教育学園渋谷高等学校(東京都
Paradox/渋谷教育学園幕張高等学校(千葉県
■プレイ形式
一斉スタート(ホール型)
屋内
1チーム最大4人
制限時間30分
想定所要時間90分※入退場込み
※各団体とも同一のプレイ形式です。


+++++【以下補足情報】+++++


リアル脱出ゲームとは
2004年に発表された「クリムゾンルーム」というネットの無料ゲームを発端に、爆発的に盛り上がった「脱出ゲーム」。そのフォーマットをそのままに現実世界に移し替えた大胆な遊びが「リアル脱出ゲーム」。マンションの1室や廃校、廃病院、そして東京ドームや六本木ヒルズなど、様々な場所で開催されている。07年に初開催して以降、現在までで1300万人以上を動員している。日本のみならず上海、台湾、シンガポールサンフランシスコなど全世界で参加者を興奮の渦に巻き込み、男女問わずあらゆる世代を取り込む、今大注目の体験型エンターテインメントである。
※「リアル脱出ゲーム」は株式会社SCRAPの登録商標です。
公式サイト:https://realdgame.jp/
Xアカウント:@realdgame
SCRAPとは
2008年、株式会社SCRAPを設立。遊園地やスタジアムを貸し切ってリアル脱出ゲームを作ったり、本やアプリ、TV番組にも謎をしかけ、企業の謎解きプロモーション企画をお手伝いしているうちに、すっかり謎イベントの制作会社として世間に認知されてしまった京都出身のフリーペーパー制作会社(しかもフリーペーパーは絶賛休刊中)。勢いに乗ってファンクラブ「少年探偵SCRAP団」も結成。テレビ局・レコード会社などともコラボレーションを行い、常に新しいエンターテインメントを生み出し続けています。
公式サイト:http://www.scrapmagazine.com/
Xアカウント:@scrapmagazine
リアル脱出ゲーム甲子園とは
全国高校生リアル脱出ゲーム制作選手権「リアル脱出ゲーム甲子園」は、全国の高校生および高専生を対象に、誰が1番面白いリアル脱出ゲームを制作できるかを競う大会。
本大会は全国にいくつもの脱出ゲームと、それを制作する生徒たちの物語が生まれたことへ感謝を込めて、その作品に光が当たる場所を作りたいとの願いから2022年に第1回大会が開催された。
特設サイト:https://realdgame.jp/koshien/
Xアカウント:@reald_koshien
リアル脱出ゲーム『ある自動販売機からの脱出』
第2回リアル脱出ゲーム甲子園優勝作品
物語の舞台は、普段何気なく目にして利用する自動販売機の中! 飲料会社のアルバイトに応募したあなたは、勤務先の「自動販売機の中」でお客様の注文通りにドリンクを提供する仕事だと告げられます。しかもノルマが達成できないと死ぬまで自販機の中で働くことになってしまうとのこと。果たしてあなたは謎であふれた自販機の中でドリンクを提供し、無事にノルマを達成することができるのでしょうか。
現在リアル脱出ゲーム京都店、岡山店にて開催中。2024年9月20日(金)より、札幌店にて開催予定。
公演詳細ページ:https://realdgame.jp/event/koushien2023.html
リアル脱出ゲーム体育倉庫からの脱出したくない!』
第2回リアル脱出ゲーム甲子園準優勝作品
本作品は、脱出失敗を目指す新しいリアル脱出ゲームです。プレイヤーは「高校生の男の子であるあなたは幼馴染の女の子と体育倉庫に閉じ込められてしまった。倉庫にある装置の謎を解き明かして脱出を目指そう。」というリアル脱出ゲーム体育倉庫からの脱出」の参加者。しかし、プレイヤーたちは考えます。実際そのような状況なら「片思い中の幼馴染と一緒に閉じ込められたままでいたい」のではないか、と。
現在リアル脱出ゲーム名古屋店で開催中。
公演詳細ページ:https://realdgame.jp/event/taiikusouko.html