テゲバジャーロ宮崎は31日、日章学園高校に所属するFW高岡伶颯が2024年JFA・Jリーグ特別指定選手として日本サッカー協会(JFA)に承認されたことを発表した。

 2007年3月12日生まれで現在17歳の高岡は、身長165cm・体重62kgのストライカー。宮崎県三股町立三股中を経て、現在は県内屈指のサッカー強豪校として知られる日章学園高校に所属している。世代別の日本代表にも名を連ねており、U-17代表としては国際Aマッチ10試合の出場で5ゴール2アシストを記録。昨年のFIFA U-17ワールドカップインドネシア2023ではグループリーグで4ゴールをマークし、決勝トーナメント進出の原動力となった。

 JFA・Jリーグ特別指定選手とは、サッカー選手として最も成長する年代に種別や連盟の垣根を越え、「個人の能力に応じた環境」を提供することを目的とする制度。JFAが認定した選手に限り所属チームに登録したまま、Jリーグ等の試合に出場することが可能となる。

 宮崎は高岡のJFA・Jリーグ特別指定選手承認に際し、「制度の趣旨も基づき、高岡選手の成長につながる機会となるよう、JFA、Jリーグ、日章学園高等学校と連携してまいります。高岡選手へご声援のほど、よろしくお願いいたします」と発表している。

昨年のU-17W杯での高岡伶颯 [写真]=Getty Images