故障者の多いレッドソックスにとって吉田の復帰は心強いようだ(C)Getty Images

 左手親指を痛め負傷者リスト(IL)入りしているレッドソックスの吉田正尚の回復状況を、米メディアが伝えている。

 スポーツサイト『RotoBaller』では現地時間5月30日に、「マサタカ・ヨシダが今週初めにティー打撃を始めた。親指の手術を免れたが、バットを振ることは完全に禁じられていた。回復の兆しを見せ始めているのは喜ばしいことだ」と報じた。

【動画】その球を打つ?米識者を驚かせた吉田正尚の”悪球打ち”をチェック!

 吉田はメジャー2年目の今季、開幕から主に指名打者として24試合に出場、打率.275、2本塁打、11打点の成績を残していたものの、現地時間4月28日(同29日)のカブス戦に出場した際に左手親指を負傷。その後IL入りとなったことが発表され、治療に専念していた。

 およそ1か月ぶりとなるスイング再開のニュースは、吉田の負傷が少しずつ回復していることを示している。他にも、米メディア『FANSIDED』でも吉田の現状を伝えるとともに、戦列復帰も遠くは無いものと見通しているようだ。

 吉田のスイング再開など球団から発表された内容を、「負傷した強打者についてのポジティブな近況」と捉えており、「これはレッドソックスにとって心強い情報だ」と強調している。

 さらに、他の主力選手の負傷離脱が相次いでいるとして、「レッドソックスは右膝の炎症で故障者リスト入りしたタイラー・オニールを失ったばかりだ。トリストン・カサスも左肋骨の張りで故障者リスト入りしている」と説明し、「レッドソックスは、遅かれ早かれヨシダの復帰を必要とするだろう」と主張している。

 また、ここまで勝率5割前後で踏みとどまっているチームの戦いぶりについても言及。「ボストンの若手スター選手たちがポストシーズン進出争いに残るのを助けている。今後、ヨシダが復帰すれば、プレーオフ争いに残るために攻撃面での勢いがつくはずだ」として、上位浮上を目指す上での打線強化への見込みを示している。

 同メディアは他にも、「彼の進歩はラインナップに存在感が必要なチームにとって励みになる」などと、吉田の戦列復帰への期待の言葉を並べている。

 今季はアレックス・コーラ監督の起用法などでも注目を集めたものの、現在のレッドソックスにとって吉田のバットは、やはり力強い後押しとなることは間違いないようだ。そしてもちろん、背番号7の実戦復帰は、多くのレッドソックスファンも待ち焦がれている。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

IL入りの吉田正尚がティー打撃再開 近づく戦列復帰に期待の声「プレーオフ争いに勢いがつく」