第30回小学館ノンフィクション大賞受賞作、『力道山未亡人』(細田昌志・著)を本日2024年5月31日、小学館より刊行いたします。

本作は “戦後復興のシンボル” として、国民的人気を誇ったプロレスラー・力道山の妻、田中敬子氏の一代記。

唐突すぎる夫の死の舞台裏、夫の死後、22歳にして5つの会社の社長に就任、30億円もの負債を背負い、4人の子の母親となった・・・これまで語られることのなかった、「その後の人生」が明かされます。

――――――――――

未亡人である敬子には、相続を放棄する手もあった。しかし、それは考えなかった。

「そんなことを、主人は絶対に望んでないって思ったんです」

敬子は社長を引き受けることにした(本文より)

――――――――――

「力道山未亡人」として好奇の視線に晒され、男性社会の洗礼を浴び、プロレスという特殊な業界に翻弄されながら、昭和・平成・令和と生きた、一人の女性の数奇な半生を紐解く一冊です。

  • 書籍『力道山未亡人』収録写真公開!

本書には敬子氏から提供された秘蔵写真を多数掲載。その一部を公開します。

1963年1月7日ホテルニュージャパンで行われた婚約会見

田中敬子氏提供

披露宴当日、イブニングドレス姿の敬子

田中敬子氏提供

披露宴当日に撮影された田中家親族・関係者の集合写真

田中敬子氏提供

力道山の本葬にて、喪主をつとめた敬子

田中敬子氏提供

※写真を使用する際は、クレジット「田中敬子氏提供」の記載をお願いします

  • 編集担当からのおすすめ情報

国民的スターとの幸せな結婚生活はわずか「半年」。22歳で30億円もの負債を背負った「未亡人」。何とも壮絶な人物を想像するが、選考委員・星野博美氏が言うように田中敬子さんは何とも「フワフワ」してチャーミングな女性である。

そんな敬子さんの実像を『沢村忠に真空を飛ばせた男 昭和のプロモーター・野口修 評伝』で第43回「講談社 本田靖春ノンフィクション賞」を受賞したノンフィクション作家・細田昌志さんが細緻に描いた傑作ノンフィクション。老若男女問わず、多くの方に読んでいただきたい1冊です。

  • 「第30回小学館ノンフィクション大賞」選考委員コメント

・辻村深月氏(作家)

「未亡人・敬子さんの人柄がくらくらするほど魅力的」

・星野博美氏(ノンフィクション作家)

「戦後日本の闇の深さを際立たせることに成功した。過去と現在がうまく共存し、そこから日本の変遷が透けて見えた」

・白石和彌氏(映画監督)

「アントニオ猪木や周りの人との関わりも、プロレスファンが読んでも堪らなかった」

  • 著者紹介:細田 昌志(ホソダ マサシ)

1971年岡山市生まれ、鳥取市育ち。鳥取城北高校卒業。リングアナウンサー、CSキャスター、放送作家を経て作家に。2021年『沢村忠に真空を飛ばせた男』(新潮社)が第43回講談社本田靖春ノンフィクション賞を受賞。2023年『力道山未亡人』で第30回小学館ノンフィクション大賞を受賞。

  • 書誌情報

タイトル: 力道山未亡人

著者: 細田 昌志

定価: 1,980円(税込)

発売日: 2024年5月31日

判型: 四六判

頁数: 320ページ

発行:小学館

https://dps.shogakukan.co.jp/rikidouzanmiboujin

配信元企業:株式会社小学館

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ