株式会社Omoi(所在地:東京都中央区、代表者取締役:横井 秀至)は美容にお金をかけている30代~40代の女性を対象に「化粧品成分」に関する調査を実施しました。

SNSの普及により、さまざまな情報が手軽に入手できる時代になりました。
美容に関する情報についても、SNSで口コミや製品情報を調べる方は多いでしょう。


いまや「レチノール」や「CICA」といった化粧品成分の名称や効果は、一般の方でもご存知の方が多いのではないでしょうか。
企業やブランド名だけでなく、配合成分にも目を向けて美容製品を購入しているという方も増加傾向にあることがうかがえます。

そこで今回、化粧品の製造企画を行う株式会社Omoihttp://omoi.style/index.html)は美容にお金をかけている30代~40代の女性を対象に「化粧品成分」に関する調査を実施しました。

調査概要:「化粧品成分」に関する調査
【調査期間】2023年12月20日(水)~2023年12月21日(木)
【調査方法】リンクアンドパートナーズが提供するPRIZMA(https://www.prizma-link.com/press)によるインターネット調査
【調査人数】1,012人
【調査対象】調査回答時に美容にお金をかけている30代~40代の女性※スキンケアに月1万円以上使っている方(美容系全般OK、美容医療とかエステは有り)であると回答したモニター

【調査元】株式会社Omoihttp://omoi.style/index.html
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ

  • スキンケアは「成分買い」が最近のトレンド?

はじめに、「スキンケア商品を購入する際に重視するポイントを教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『成分(64.3%)』と回答した方が最も多く、次いで『メーカー・ブランド(61.0%)』『価格(52.7%)』と続きました。

メーカー・ブランドや価格よりも「成分」を気にする方が最多という結果になりました。

そこで、「成分買い」という言葉を知っていますか? ※成分買い=成分に注目して商品を選ぶこと」と質問したところ、約6割の方が『知っている(60.5%)』と回答しました。

続いて、「スキンケア商品を購入する際に「成分買い」をしたことはありますか?」と質問したところ、約9割の方が『ある(89.2%)』と回答しました。

成分を重視してスキンケア商品を購入する方が多数、存在することが明らかになりました。

  • 美容好き女性が2024年に注目している化粧品成分は?

次に「2024年に注目している化粧品成分を教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『レチノール(53.4%)』と回答した方が最も多く、次いでビタミンC(52.1%)』『ヒアルロン酸(39.6%)』と続きました。

1~2年ほど前から化粧品成分として、話題になることも多かったレチノールが2024年も引き続き、最も注目を集めていることが明らかになりました。

続いて、「レチノール」を選んだ理由をうかがいました。

■「レチノール」に注目している理由を教えてください
・シミ、しわや肝斑予防に効果があると聞いたから(30代/神奈川県/会社員)
・実際に使用してみて効果を感じたから(30代/北海道/自営業・自由業)
・口コミで聞くから(30代/鹿児島県/会社員)
アンチエイジング効果があるから(30代/栃木県公務員

  • レチノールへのイメージは?どんな効果が得られるの?いつ使えばいい?

「レチノールを含んでいるスキンケア商品を使用している・または使用したことがありますか?」と質問したところ、約7割の方が『ある(65.5%)』と回答しました。

次に、「レチノールにどのようなイメージがありますか?」と質問したところ、『高い効果が期待できる(38.9%)』と回答した方が最も多く、次いで『肌への刺激が強い(30.1%)』『夜しか使えない(16.1%)』と続きました。


続いて、「レチノールを含むスキンケア商品に最も期待する効果を教えてください」と質問したところ、『しわ・シミの改善(45.3%)』と回答した方が最も多いという結果になりました。

しわやシミの改善を求めてレチノールを含む商品を使用している方が多いようです。


そして、「レチノールを含むスキンケア商品を使用する(または使用していた)タイミングについて教えてください」と質問したところ、『夜のみのスキンケア(63.3%)』と回答した方が最も多いという結果になりました。

レチノールは光・熱に弱いとされているため、夜のみ使用している方が多いことがうかがえます。

「朝のスキンケアには化粧水・乳液以外(美容液など)のアイテムを使用していますか?
使用している場合は、その化粧品成分を教えてください」と質問したところ、約7割の方が『使用していない(65.7%)』と回答しました。

  • 1日中使えるレチノール商品ならさらに高い効果が期待できる!

今回の調査で、約9割の方がスキンケア商品「成分」に注目して購入した経験があることが明らかになりました。

また、美容好き女性が2024年に注目している化粧品成分は「レチノール」が最多であることも示されました。

レチノールにはしわやシミの改善を期待している方が多いようです。

また、レチノールを含むスキンケア商品は光や熱に弱いとされているため、夜のみ使用している方が多いことも示されています。
光や熱に強く、かつ肌の刺激も少ないレチノール製品があれば、より1日中ケアが可能になり、より高い効果が期待できるのではないでしょうか。

  • 朝バクチと夜レチで24時間美肌革命!『Rembo プレミアム デイクリーム』『Rembo プレミアム ナイトクリーム』

今回、「化粧品成分」に関する調査を実施した株式会社Omoiでは、今注目の美容成分「バクチオール」「レチノールをそれぞれに高配合したクリームを発売しております。(https://rembo.jp/shop/products/R008

注目の美容成分バクチオールを高配合の朝専用クリームとエイジングケアの定番として話題の

夜専用クリームで24時間トータルケアが可能に。

植物由来成分のため、敏感肌の方にも安心してご使用いただけます。

朝用のバクチオールクリームと夜用のレチノールクリームをセットで使用することで、日中は紫外線を含むダメージからお肌を徹底バリアし、夜はお肌の生まれ変わりをサポート。

■『Rembo プレミアム デイクリーム』の美容成分

・バクチオールとは

「次世代型レチノール」と称されるバクチオールは、レチノールに比べて皮膚への刺激が少ない成分で、「オランダイビユ(バブチ)」というマメ科の植物から抽出した植物由来の天然成分です。
レチノールに比べて肌への働きかけが緩やかなことから、敏感肌の方でも使いやすく、肌を労わりながらエイジングケアすることができます。

朝のひと塗りで日中のお肌を護りぬく、次世代型レチノールクリーム

・POINT1

バクチオールは、レチノールと似た働きを持ちますが、お肌への浸透に時間が掛かることが弱点でした。

しかし、Remboのバクチオールクリームは、リポソームクリームをたっぷり含むことから、従来の働きはそのままに浸透力が圧倒的に向上。ハリツヤのある最上級のお肌へ導きます。

・POINT2

主要成分であるバクチオールのほか、ナイアシンアミドやアルジレリンなどの有効成分を配合。
外的ストレスからお肌を護り、紫外線を浴びた肌や、年齢を重ねるほどに生まれるエラーをやさしく包み込み、潤いのある健康的な肌状態に整えます。

■『Rembo プレミアム ナイトクリーム』の美容成分

・レチノールとは

ビタミンAの一種。肌のみずみずしさやハリを育むことで年齢サインを目立たなくさせ、ツヤのあるお肌に導くことが期待できる成分です。

■リポソーム化したレチノールでシワ悩みに徹底抗戦

・POINT1

レチノールは、いわゆる“A反応”が起きることが知られていますが、それはお肌のターンオーバーが急に促進されることや、ビタミンAを急に補給することが原因と言われています。

言い換えれば、A反応が顕著に出るひとは、お肌にビタミンAが不足しているということです。
Remboのレチノールクリームは、A反応が起こりにくく、空気に触れても酸化したり成分が変化しにくい処方となっているため、敏感肌の方やレチノールの使用に抵抗がある方にも是非一度試していただきたい商品です。

・POINT2

7層のリポソーム構造にすることで、浸透力が圧倒的に向上。

不安定なレチノールを7層のカプセルで包むことで、直接的な刺激を抑え、時間をかけてゆっくりと肌の奥に浸透させることが可能になりました。

・POINT3

主要成分であるレチノールのほか、ナイアシンアミドやアルジレリンなどの有効成分を配合。

紫外線を浴びた肌や、肌トラブルを抱えた肌をおだやかにケア。

年齢を重ねるほどに生まれるエラーをやさしく包み込み、潤いのある健康的な肌状態に整えます。

朝のバクチオールと夜のレチノールを併用してご使用いただくことで、24時間お肌を護り続けることが可能に。

より効果を実感いただけます。

また、オンラインショップにてRembo プレミアム デイクリームとRembo プレミアム ナイトクリームのセット販売をしています。

気になる方はRembo公式オンラインストアよりお求め下さい!

■Rembo公式オンラインストア:https://rembo.jp/

■公式Instagram:https://www.instagram.com/rembo.jp/

配信元企業:株式会社Omoi

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ