30日、セリエA昇格プレーオフ決勝戦1stレグ、クレモネーゼvsベネツィアが行われ、0-0のドロー決着となった。『フットボールイタリア』が伝える。

今季セリエB4位のクレモネーゼと、同3位のベネツィア。前者は昇格プレーオフ準決勝でカタンザーロを2戦合計6-3と撃破し、後者はパレルモに3-1…パルマおよびコモに続く昇格ラスト1枠を懸け、決勝戦で対峙する。

30日のクレモネーゼホームでの1stレグはスコア動かず0-0決着。レギュレーション上、2ndレグを含めた2試合180分間で勝敗がつかなかった場合、延長戦もPK戦もなく、レギュラーシーズン上位のチームが昇格ということに。

つまり、現時点では2ndレグをホームで戦えるベネツィアが優位に立っているという状況。1stレグはクレモネーゼに押し込まれ、終始劣勢だったというが、なんとか凌いで3季ぶりのセリエA復帰へ一歩前に出た格好だ。

ベネツィアの現エースは、今季セリエB33試合22ゴールで得点王に輝いたフィンランド代表FWヨエル・ポーパンヤロ(29)。運命の2ndレグは2日に行われる。

CL決勝は6/2 午前4時キックオフ
WOWOWで生放送&ライブ配信!
>放送予定など詳しくはこちら