ライプツィヒに所属するスロベニア代表FWベンヤミン・シェシュコは、アーセナルへの移籍を希望しているようだ。30日、イギリス紙『ミラー』が伝えている。

 現在21歳のシェシュコは、身長195センチメートルのストライカー。母国のクルシュコやドムジャレの下部組織を経て、2019年夏にザルツブルクへと完全移籍。セカンドチームのリーフェリンク(オーストリア2部)で経験を積み、2021年夏からトップチームに昇格した。2022年8月に2023-24シーズンから姉妹クラブのライプツィヒへの加入が決定し、2023-24シーズンは公式戦42試合の出場で18ゴール2アシストを記録した。

 また、スロベニア代表では各世代別でエースとして活躍。2021年6月1日に行われた国際親善試合の北マケドニア代表戦でA代表デビューを飾り、18歳1日で同国代表史上最年少出場記録を塗り替えた。ここまで28キャップを数え、11ゴールを挙げている。

 シェシュコはライプツィヒ2028年6月30日までとなる契約を締結しているものの、ドイツメディア『スカイスポーツ』では、今夏から有効となる5000万ユーロ(約85億円)相当の契約解除条項が付随していることも報じられており、今夏の去就には注目が集まっている。

 そんなシェシュコにはアーセナルチェルシーマンチェスター・ユナイテッド、さらにはイタリアのクラブなどからも関心が寄せられているなか、今回の報道によると、同選手自身はアーセナルへの移籍を希望しているという。このことから、4500万ポンド(約90億円)ほどの移籍金を用意しているアーセナルが獲得レースで優位な立ち位置につけていることが伝えられている。

 なお、若手ストライカーの獲得を狙っているアーセナルとしては、オランダ代表FWブライアン・ブロビー(アヤックス)やアイルランド代表FWエヴァン・ファーガソン(ブライトン)などにも関心を寄せているようだが、果たしてシェシュコは来シーズンどこでプレーすることになるのだろうか。

去就に注目が集まっているシェシュコ [写真]=Getty Images