画像はイメージ

世の中には、まだまだ志願者を見下すような面接がまかり通っているようだ。信じられない態度の面接官に遭遇した読者からの投稿を紹介する。

群馬県に住む50代後半の男性(技能工・設備・交通・運輸/年収300万円)。家族経営の会社に赴いたが

「面接が始まった瞬間に相手が喧嘩腰」

だったというから驚きだ。(文:國伊レン)

「態度が悪いだの、どっちが面接してるのか分からないだの言い出した」

条件面のやり取りでも驚くことがあった。

「『給料はどれくらい欲しいか?』と聞かれ、それまでの話から、残業40時間、休日にも臨時出勤があると聞いたので、『手取りで20万程度を希望』と答えたら、その場で怒り出し、態度が悪いだの、どっちが面接してるのか分からないだの言い出した」

その条件で手取り20万円は決して高額な給料ではないが、家族だけで経営する零細企業にとっては高かったのだろうか。いずれにせよ、理不尽な理由でキレられた男性。

「今後、その業種の面接にいく機会もあるかも知れないと思い、その場は謝罪しておいたが、なんだかヤクザみたいな奴だった」

と、異様な雰囲気だった面接を振り返っていた。

 

※キャリコネニュースではアンケート「ムカついた面接」を実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/6YW7APDF

 

ヤクザみたいな面接官に希望の給料を聞かれて「手取り20万円程度」と答えたら激怒された男性