納言・薄幸

お笑いコンビ・納言の薄幸が30日、テレQ(TVQ九州放送)のYouTubeチャンネル『テレQ7ch』に出演。芸名の由来について語り、お笑い芸人の玉袋筋太郎が名付け親だと明かした。

 

■たけし軍団が提案

前のコンビを解散し、ピン芸人になった時期があった薄。そのときに、ビートたけしのバラエティー番組『たけしの等々力ベース』(2011年1月~15年9月、BSフジ)に出演した。

番組では、たけし軍団で薄の芸名を考えるという企画を実施。大喜利形式で芸名を提案していき、その中から薄から選ぶことに。そして、玉袋提案の「薄幸」に決定した。

 

関連記事:マジかよ…ゴジラが東京競馬場に上陸 作戦隊長にやす子が就任!?/PR

■他の候補は「ここでも言えないくらい」

それ以外の候補はというと「どこの番組にも出れないくらいひどかった」とのこと。過激な芸名が並んでいたそうで「ここでも言えないくらい。だから、(薄幸は)まだよかった。これが1番まだマシってやばい」と苦笑した。

また、今回の動画出演者のタレント・丸山礼から「本当は“小泉さん”なんですよね? (相方の)安部さんが呼んでましたもんね、YouTubeで」と本名について質問が。薄はうなずき「そうなんだよ。あいつオンのときも小泉さんって呼ぶから。ずっと小泉さん」と話した。

関連記事:ヒコロヒー、ブレーク後におしゃれキャラに 以前は「めちゃくちゃダサかった」

■芸名の由来を告白

納言・薄幸、芸名の名付け親を告白 他の候補は「どこの番組にも出れないくらいひどかった」