『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』(99)の約100年前の“ジェダイ黄金期”を舞台にした「スター・ウォーズ」のオリジナルドラマシリーズ「スター・ウォーズ:アコライト」が6月5日(水)よりディズニー公式動画配信サービス「ディズニープラス」にて初回2話日米同時独占配信スタート。このたび本作から5枚のキャラクターポスターが一挙に解禁された。

【写真を見る】“光”の時代を描く新たなSWドラマシリーズ!謎のベールに包まれた主人公のメイとは…

本作の舞台は正義の守護者ジェダイが銀河に多く存在し、戦争もなく平和であった“光”の時代。ある日、ジェダイの一人が殺害される事件が発生。真相を追うために動きだしたジェダイ・マスターのソル(イ・ジョンジェ)はかつて自分の弟子であったメイ(アマンドラ・ステンバーグ)と再会することで密かに動きだしていた“巨大な闇”に立ち向かうことになる。

このたび解禁されたキャラクターポスターには、いまだ謎のベールに包まれている“闇”の存在の主人公メイや、ジェダイ全盛の時代を生きた“黄金期のジェダイ”となるマスター・ソルやインダーラ(キャリー=アン・モス)、ジェキ・ロン(ダフネ・キーン)、そして「スター・ウォーズ」実写作品初となるウーキー族のジェダイのケルナッカ(ヨーナス・スオタモ)の姿が。

2本の短剣を持つメイを演じたステンバーグは「強い責任感を持って演じています」と念願のSW作品への出演の喜びを明かし、青のライトセーバーを構えるソル役のイ・ジョンジェは「映画の歴史を語る上で絶対に外せないシリーズに参加することになって、本当に夢のよう」とコメント。またモスはインダーラについて「とても強くて思いやりもたくさん持っている」と語り、キーンもジェキ・ロンについて「とても能力に長けた完璧主義者で、繊細な性格でもある」とそれぞれ自身の役柄について説明。

そして惑星コーファーのジャングルに身を隠し、孤独に生活をする一匹狼のケルナッカは、他のジェダイたちとは異なりライトセーバーを手にしていない。はたして彼はどのような戦闘スタイルの持ち主なのか。そして、「スター・ウォーズ」シリーズのはじまりの時代が描かれる本作にどんな物語が待ち受けているのか。配信開始が待ちきれない!

文/久保田 和馬

「スター・ウォーズ:アコライト」は6月5日(水)より初回2話日米同時独占配信スタート!/[c]2024 Lucasfilm Ltd.