木村拓哉が主演を務めるドラマ「Believe-君にかける橋-」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)の第6話が5月30日に放送。木村演じる狩山と竹内涼真演じる刑事・黒木の対峙シーンが圧巻。第1話から“人たらし”と表現されている狩山の“人間力”ゆえの怒涛の激アツ展開に、視聴者がくぎづけになり反響を呼んでいる。(以下、ネタバレを含みます)

【動画】木村拓哉“狩山”、龍神大橋の工事を請け負っていた北大路欣也“坂東五郎”に会いに行く

■希望と再生のヒューマンエンターテインメント「Believe-君にかける橋-」

本作は、脚本家の井上由美子や監督の常廣丈太ら、木村主演ドラマ「BG~身辺警護人~」(2018年、2020年)チームが再集結して制作するテレビ朝日開局65周年記念作品。橋づくりに情熱を燃やす設計者が、わけあって刑務所に収容されてしまい、希望と再生の道を模索していくサスペンスかつヒューマンエンターテインメント。

木村が主人公の大手ゼネコン「帝和建設」土木設計部部長の狩山陸を、竹内が狩山を追う警視庁刑事部捜査第一課の刑事・黒木正興を演じ、山本舞香一ノ瀬颯、北大路欣也上川隆也斎藤工小日向文世、天海祐希らが出演。MAN WITH A MISSIONの「I'll be there」が主題歌となっている。

木村拓哉“狩山”、竹内涼真“黒木”との対峙シーンが圧巻で「震えた」

狩山(木村)は黒木(竹内)らに逮捕された。国立署への移送途中、ホテルで休憩することにし、黒木は狩山の事情聴取を始めた。狩山の設計ミスで兄・若松(竹内/二役)が亡くなったと責める黒木に、狩山は口をつぐむ。黒木は自身で捜査した情報から推測を話し、狩山が逃走しているのは、玲子が芝浦がんセンターに通院していることが理由だとピンときたと続けた。

狩山は重い口を開き、自分が知る事故の真相と全責任を負った理由を告白。そんなとき、黒木が事故の被害者・若松の身内だとバレ、捜査から外されることになった。真相を明らかにしたいという狩山の強い意思を感じた黒木は、自分が調べた内容を教え「兄は誰かに頼まれて、故意に事故を起こした」と続けた。狩山は、事故当時の若松の言動への違和感を思い出す。

狩山と黒木が本音で向き合う対峙シーンに、「狩山さんと黒木刑事のホテルでの事情聴取は震えました」「狩山と黒木のシーン圧巻。ふたりの熱量に息をのんだ」「お互い迫真の演技でしたね!」「この事件の絵を描いた“黒幕”がいるという事が判明!」「黒木刑事は狩山を取り調べるまで、大手ゼネコンの部長の狩山も若松さんをはめた仲間だと思っていたのでは」などの声が上がる。

■逃げる木村拓哉“狩山”と逃がす竹内涼真“黒木”、怒涛の展開に「なぜか納得」

車の中で口論となった黒木と狩山。車の運転をしていた国立署の刑事・梶田(片山友希)が、自分が狩山を見張るから、黒木に運転をするように告げる。黒木は、その代わりに狩山の事情聴取に立ち会えるように上司に頼んでくれと言い、梶田が電話をしていると、狩山が逃走。黒木は狩山を追いかけ威嚇射撃したが、梶田にはそれが故意だということがわかっていた。

ホテルから出発する前に、狩山が「この事件の絵を描いた奴にたどり着く」と黒木に協力を申し出ていた。黒木は最初は相手にしなかったが、熱く語る狩山に「あんた底抜けな馬鹿だな」と自分のスマホとお金を渡していたのだ。そういえば、肋骨骨折の身体で走る狩山を追う黒木は、ちょっとランニングするぐらいのスピードで、狩山を捕まえようとしていなかったことは明らかだ。

狩山と黒木が協力体制になったことに、「ついに竹内涼真も逃走の手助けしたぁ」「逃げる狩山も、逃がす黒木も、普通なら考えられない行動だけど、なぜか納得してしまう」「ふたりで真相究明して!って思った」「黒木が狩山を揺さぶっているように見えて、実は逆だったのが最高に面白い」「狩山陸という男の『人間力』は半端ない。人たらし振りは上っ面だけではない」などと、怒涛の展開と狩山の“人間力”にくぎづけになる視聴者の声がSNSにあふれ反響を呼んでいる。

◆文=ザテレビジョンドラマ部

木村拓哉“狩山”、竹内涼真“黒木”に事情聴取されるも提案をする/ドラマ「Believe-君にかける橋-」第6話より (C)テレビ朝日