島村楽器株式会社(本社:東京都江戸川区、代表取締役社長:廣瀬 利明、以下 島村楽器)は、株式会社河合楽器製作所(本社:静岡県浜松市、代表取締役社長:河合 健太郎、以下カワイ)とのコラボレーションによるアコースティックグランドピアノ『GL-20SX』を2024年6月1日(土)に発売いたします。

今回カワイと島村楽器のコラボにより発売するアコースティックグランドピアノ『GL-20SX』は、ご家庭に設置しやすいコンパクトサイズでありながらも、弾きやすさや音色にこだわったコストパフォーマンスの高いモデルです。

カワイグランドピアノの海外向けモデル『GL-20』をベースに、島村楽器オリジナルの仕様として世界のコンサートグランドピアノに使用されていることで有名な『ロイヤルジョージフェルト製法のハンマー』を採用。初心者から上級者までご満足いただける一台に仕上がりました。ぜひ、全国の島村楽器にて豊かな響きと音色をお試しください。

KAWAI 『GL-20SX』の特徴

『ロイヤルジョージ・フェルト製法』を採用したハンマー

ハンマーフェルトにはイギリス起源の伝統あるロイヤルジョージフェルト製法のハンマーを採用。厳選された天然羊毛の優れた弾力性により、ピアニッシモからフォルティッシモまで表現力豊かな演奏が可能です。


イメージした演奏にどこまでも近く 『ウルトラレスポンシブ・アクションII』

主要部分にカーボンファイバー(炭素繊維)入りABS樹脂を採用し、軽量化と高剛性化を同時に実現。軽快なタッチと、ダイナミックレンジの広い演奏をお楽しみいただけます。


象牙・黒檀と同様の優れた特性を持つ鍵盤素材

鍵盤素材には理想のタッチを追及したファインアイボリー白鍵(人工象牙)、ファインエボニー黒鍵(人工黒鍵)を採用。あたたかい感触で弾き心地が良く、吸水性に優れているため汗によるミスタッチを防ぐなどの特徴を持っています。


長い鍵盤長設計により深い鍵盤ストロークを実現

コンサートピアノのようなタッチを実現するために、鍵盤長の長い設計を採用。これにより支点距離が長くなり、鍵盤の奥を弾いた状態でも十分なストロークが確保され、表現できる領域が飛躍的に広がっています。


強度アップが音の純度をあげる ボディ剛性の向上

より立体的な響きを生むために、高いボディ剛性を確保。前框を厚くしたことで調律安定性向上と同時に、一音一音、音の粒立ちがよく、立体感のある響きが生まれています。


美しい音・機能性の追及 ハイグレード仕様の本格派

中低音に真鍮製アグラフを採用。弦の位置精度を向上させ、安定した表現を可能にします。譜面台は5段階角度調整が可能で細部まで贅沢な仕様です。


カワイが世界に誇るインドネシア工場製

カワイ『竜洋工場』と同等の設備を所有する『インドネシア工場』にて、伝統的な技術と基準を守り、品質を追及しながら製造。弊社スタッフも直接現地へ足を運び、音色やタッチに関する要望を伝えることで、より良い製品となるよう共に取り組んでいます。


製品概要

製品名   :GL-20SX

発売日   :2024年6月1日(土)

価格    :1,760,000円(税込)

鍵盤    :88鍵、7 1/4オクターブ、ファインアイボリー白鍵、ファインエボニー黒鍵

ハンマー  :ロイヤルジョージフェルトハンマー

アクション :ウルトラ・レスポンシブ・アクションII

寸法    :高さ102cm・間口150cm・奥行き157cm

質量    :300kg

その他の仕様:長鍵盤設計、高剛性ボディ、ソフトフォールシステム鍵盤蓋、カワイインドネシア工場製

初回展示店舗

<5店舗・順不同>

仙台泉パークタウンタピオ店、ピアノショールーム八千代店、ピアノセレクションセンター、グランフロント大阪店、岩田屋福岡店

※展示開始日は店舗により異なりますので、各店舗までお問い合わせください。

島村楽器株式会社について

島村楽器は「音楽の楽しさを提供し、音楽を楽しむ人を一人でも多く創る」という経営理念のもと、全国39都道府県に180の楽器販売店舗・音楽教室を展開する、国内最大の総合楽器店(※)です。※引用元:The Music Trades誌「Top Global Dealers Report」

事業領域として「楽器プレイヤーのトータルサポート」を掲げ、楽器販売と音楽教室の2事業を主軸としながら、長く演奏していると必要になる楽器修理、体験や演奏発表の場としてのイベント・コンサートの企画・実施、気兼ねなく練習できるスタジオ運営も行っています。

会社概要

社名 : 島村楽器株式会社

代表者: 代表取締役社長 廣瀬 利明

設立 : 昭和44年3月(創業:昭和37年1月)

売上高: 458億円(2024年2月)

従業員数:2,378名(2024年2月)

URL  : https://www.shimamura.co.jp

配信元企業:島村楽器株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ