電子レンジを使う頻度が高いほど、汚れもたまりがちです。小まめに掃除しないと、不快な臭いが出るだけでなく、電力を無駄に消費します。

時間がたつほど汚れは落ちにくくなるので、掃除に苦労している人も多いのではないでしょうか。

インターネット上で見つけた『レモンを使った電子レンジ掃除術』を実際に試してみたので、その様子を手順と共に解説します。

掃除が苦手な人も簡単にできる裏技なので、ぜひチェックしてみてください。

レモンで電子レンジがピカピカになる裏技

レモンに含まれている『リモネン』という成分が、油汚れを落とすのに効果的な働きをします。準備するものは次の4つです。

【用意するもの】
・搾った後のレモン:2分の1個
・水:2分の1カップ
・耐熱容器
・キッチンペーパー:2〜3枚

使う物

はじめに、耐熱容器に搾った後のレモンと水を入れ、600Wの電子レンジで1分30秒加熱します。

加熱が終わったら、扉を閉めたまま5〜10分ほど放置して、庫内に蒸気を充満させましょう。

電子レンジで加熱したレモン

加熱したレモンをもう一度搾り、折り畳んだキッチンペーパーをレモン水に浸した後、水気を軽く絞ります。

キッチンペーパーをレモン水に浸す様子

レモン水を含んだキッチンペーパーで、ターンテーブル、側面、天井部分を拭き取りましょう。油汚れがひどい部分は、加熱したレモンの皮でゴシゴシとこすり落とします。

レモンとレモン水が熱くなっているので、やけどをしないように注意しましょう。

レモン水に浸す様子

最後に、乾いたキッチンペーパーで全体を拭き上げて掃除完了です。

レンジ内の拭き上げの様子

レモンがない場合はライムでも代用できますが、同じ柑橘類でもオレンジやグレープフルーツは搾りかすが庫内にくっ付いてしまうのでおすすめできません。

レモンだけでは落とし切れない頑固な汚れは、耐熱容器に水で薄めたお酢を入れ、電子レンジで2〜3分加熱しましょう。扉を閉めたまま30分〜1時間ほど放置すると、汚れが浮き上がってくるので、簡単に落とせます。

洗剤を使わないので安全

実際にレモンの皮を使って電子レンジを掃除してみて、きれいな庫内はもちろん、扉を開けた時のフレッシュな香りに癒やされました。

洗剤を使わないので、掃除の直後でも安心して電子レンジを使えます。

料理で使った後のレモンはすぐ捨てずに、電子レンジの掃除に活用してみてはいかがでしょうか。


[文・構成/grape編集部]