大正浪漫」を象徴する画家であり、詩人でもあった竹久夢二(たけひさ・ゆめじ)の生誕140年を記念し、6月1日(土)より東京都庭園美術館にて開催される『生誕140年 YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界』。「ぴあアプリ」では、6月29日(土)の閉館後に、同展の貸切鑑賞会を開催いたします。

「『生誕140年 YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界』ぴあプレミアムナイト」と題した本イベントは、アール・デコ様式の瀟洒な本館(旧朝香宮邸)の建物が特徴的な東京都庭園美術館で開催される展覧会を、夜間に「ぴあアプリ」ユーザー限定でゆっくりとご鑑賞いただくもの。さらに、夢二デザインの柄をあしらった箱入りで、付録の「レターブック」がついた豪華図録セットのお土産や、ギャラリートークも聴講できる、その名の通りプレミアムな鑑賞会です。

―――――――――――――――――――

『生誕140年 YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界』ぴあプレミアムナイト

【開催概要】

■日時:6月29日(土) 18:30~20:30(入館は20:00まで)

■会場:東京都庭園美術館東京都港区白金台5-21-9

■「ぴあアプリ」限定 チケット販売

■料金:5,000円/「ぴあアプリ」プレミアム会員(よくばりぴあニスト)4,000円

※小学生以上は同料金

※「ぴあアプリ」プレミアム会員(よくばりぴあニスト):月額500円(税込)※初回1カ月無料

■定員:200名

受付期間:2024年5月31日(金)10:00~

受付URL:

https://lp.p.pia.jp/article/news/370022/index.html

※チケットのご購入には「ぴあアプリ」のダウンロードが必要となります

※予定枚数に達し次第受付終了

■内容:

★展覧会鑑賞(通常1,400円)

★図録セット(箱入り・付録つき/通常4,500円)

 ・全336ページ、B6判型。

 ・箱は「桜草」、「若草」、「青い小径」、「猫」の4種類からお好きなものをお選びいただけます。

 ・付録は 24 枚の便せんが入った「レターブック」。夢二のデザインを存分に満喫できます。

★ギャラリートーク 

講師:岡部昌幸(本展監修者:帝京大学名誉教授・群馬県立近代美術館特別館長)


図録は全336ページ、B6判型。小ぶりで本棚にもぴったりおさまるサイズです。

図録の箱は4種類からお選びいただけます

レターブックは24枚セット。両面すべて異なるデザインで1枚ずつ切り離して使えます

【注意事項】

・ギャラリートークは、18:40~、19:30~の2回(各回20分)実施いたします。ご都合のよい回をご聴講ください。(内容は同じです)

・ご来館時、美術館正門にてチケットの提示が必要となります。

・図録セットはイベント当日、会場にてお渡しいたします。(イベント当日のお渡しのみ。後日の郵送などには対応しかねます)

・イベントの時間帯、ミュージアムショップはご利用頂けます。カフェはご利用いただけません。

―――――――――――――――――――

『生誕140年 YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界』


明治から大正、昭和にかけて、甘くセンチメンタルな「夢二式」と呼ばれる美人画で一世を風靡し、デザイナー、文筆家としても活躍した竹久夢二。生誕140年、没後90年を記念し開催される同展では、夢二の故郷にある岡山の夢二郷土美術館が2022年に新たに発見し、収蔵した油彩画《アマリリス》や、2014年にアメリカで発見された油彩画《西海岸の裸婦》などから、希少ゆえに今まで語られてこなかった夢二の油彩画の魅力を紹介。さらに、同じく近年発見された夢二の渡欧時、渡米時のスケッチや、夢二がデザインした日用品を扱う「港屋絵草紙店」のプロダクトなど約180点を展示。今なお色あせない夢二の魅力を、新たな発見や最新の研究をふまえて浮かび上がらせていく。

■会場:東京都庭園美術館

■会期:2024年6月1日(土) ~8月25日(日)

■公式サイト:https://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/240601-0825_yumeji/

―――――――――――――――――――

■「ぴあ(アプリ)」概要

・販売元:ぴあ株式会社

・提供OS:iOS、Android

・言語:日本語

・価格:基本無料+アプリ内課金あり (月額500円 税込、初回1か月無料)

・Web版:https://lp.p.pia.jp/ 

・「ぴあアート編集部」X:https://x.com/artpia_pia

・「ぴあアート編集部」Instagram:https://www.instagram.com/art___pia/

配信元企業:ぴあ株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ