元雨上がり決死隊宮迫博之をめぐる「テレビ番組出演取り消し」が騒動になっている。

 5月28日、宮迫は自身のYouTubeチャンネルで「【裏側公開】5年ぶりにテレビ出演!リアルな打ち合わせや収録の様子」と題する動画を公開した。6月3日深夜に千葉テレビで放送される「匠の教室」で地上波に復帰すると明かしたのだ。

 同番組は芸能界を目指すタレントの卵の夢を「業界の匠」が応援する「タレント育成バラエティー」。宮迫の動画では、打ち合わせから収録の模様を紹介した。そこでは制作スタッフによる「宮迫さんを呼ぶことに迷いはなかった」とのコメントも紹介されている。

闇営業問題」により謹慎処分となった2019年6月以来となる宮迫の地上波復帰に祝福のコメントが殺到したが、5月30日になって事態が一転。千葉テレビが公式サイトで「放送の予定はありません」と、宮迫が出演する番組の放送そのものを否定したのだ。

 いったいなぜ、放送が消滅してしまったのか。テレビ関係者が解説する。

千葉テレビによると、事前の正式な手続きなしに、外部の制作会社が制作してしまったとのこと。当然、放送するかどうかを決める権限は局にあります。収録を終え、制作会社と宮迫側で告知したものの、局内で『放送NG』の判断が出た模様です」

 前代未聞の「出演取り消し」トラブル。このテレビ関係者は、宮迫の「地方局への見下し」を指摘する。

「正式な決定が出ていないにもかかわらず、勝手に出演告知を行うなど、テレビ局として看過できるはずがない。闇営業問題以前はキー局の番組をメインに活動していたことから、宮迫自身が地方局のルールに疎かったことはあるでしょう。とはいえ、こうした事前の動きが『地方局を見下している』として、局上層部の逆鱗に触れたのだと…」

 まさかの展開に、宮迫はガックリである。

(山倉卓)

アサ芸プラス