阪神タイガース

元阪急ブレーブスの佐藤義則氏が、自身のYouTubeチャンネル『佐藤義則チャンネル』で、阪神タイガースの打線に苦言を呈した。

 

■30日の阪神対日本ハムを振り返り

30日に行われた阪神タイガース対北海道日本ハムファイターズ戦を振り返った今回の動画。

佐藤氏は阪神打線について「ノーアウトでは出てるけど、誰もセカンドまでいけてないというちぐはぐな攻撃。初回も近本光司がヒットで出たんだけど 、中野拓夢がレフトフライとなると、誰も前に進めないっていう。 そんなバッティングが目立つ。ノーアウトで出ても、全部フライアウトで終わってる」と指摘した。

 

関連記事:マジかよ…ゴジラが東京競馬場に上陸 作戦隊長にやす子が就任!?/PR

■難しいボールに手を出している

さらに「ゴロを打ったりしてセカンドランナーを進めるとか、そういうバッティングができてない。梅野隆太郎なんかでも、初球にセカンドフライ。難しいボールを打ってしまっている。そういうバッティングの悪さが出ている」と佐藤氏は語る。

続けて「バッターボックスの中で、余裕がないのかなというふうに見てしまう。ワンストライクをとられても、どうってことないはずなんだけど、ちょっとシュート回転してるボールだったけども、そこは打つべきじゃなかった」とコメントした。

 

関連記事:阪神タイガース・大山悠輔の打撃に田尾安志氏が苦言 「相手の術中にハマっている」

■日本ハム打線を称賛

阪神打線に佐藤氏は「ランナーが出てからのフライアウトが結構多い。今日(30日)はほとんどフライアウトだった。山﨑福也はそんなに速い投手ではないのに、フライアウトが多かったっていうのは 、打たされている、泳がされてるっていうのが見えている。ちょっと真っ直ぐを行くと詰まってしまう」と解説する。

一方、北海道日本ハムファイターズ打線には「松本剛は、コースに逆らわず、バットをしっかり立てて、そういうバッティングが、ハムのほうはしっかりできていた。インコースの甘いのはヘッドをしっかり効かせてレフトにヒットを打って、外に来たのは反対方向に打っている。ハムはそのへんがしっかりしている」と称賛した。

 

関連記事:阪神タイガースが連覇に向けて注意することは? 佐藤義則氏が解説

■「もっと考えて打たないとダメ」

その後、佐藤氏は「もうちょっとただ来たボールを打つんじゃなくて、もっと考えて打たないとダメだよね」と提言した。

阪神は30日終了時点でチーム打率が2割2分2厘で最下位。チーム防御率がセリーグトップで、投手の力で上位をキープしているが、打線の不振が顕著となっている。

関連記事:阪神タイガース・大山悠輔の打撃に田尾安志氏が苦言 「相手の術中にハマっている」

■佐藤氏が阪神打線に苦言

阪神タイガース打線に佐藤義則氏が苦言 「もっと考えて打たないとダメ」