「いい感じだったのに…」男性が冷めてしまう【NG告白】とは?

「この人とお付き合いしたいな」と思っても、上手く告白できなければチャンスを逃してしまいます。 今回は、男性に響かない告白を紹介します。

突然の長文LINEで告白

「いきなり『好きな人がいます。その人はあなたです。実はもう3年もの間、あなたに恋をしています』と始まり、どうして好きになったのか、今告白するのかという理由など、突然送られてきました。その長さにびっくりし、面倒くさいと思い、そっけなく『ごめん』とだけ返しました」(33歳/男性) 告白のとき、思いのすべてを説明して伝えようとしていませんか? 特にLINEでの告白は、文が長くなりがちです。 しかし、その長さに恐怖を感じる男性や「急に何?」と戸惑う男性もいるでしょう。 LINEで告白する場合は「ちょっと話したいことがあるんです」と前置きをしてから、スッキリと自分の気持ちを伝えてみてはどうでしょうか。 すると、彼も自分の気持ちを整理して対応でき、告白への反応もよくなるでしょう。

自虐的な表現が多すぎる

「『こんな私なんて、何もかもダメで。…でも好きなんです』と自虐的な言葉が連続していた。彼女のことが嫌いではなかったけれど『付き合ったら大変そう』と感じてしまいました」(27歳/男性) 自虐的な表現をしてしまう女性もいますが、それは効果的ではありません。 彼も好意がある場合「そんなことないよ」となぐさめるかもしれませんが、面倒だ、重いと思われることも。 自信がなくても、自虐を繰り返すのではなく、素直に気持ちを伝える方がよいでしょう。

感情を表に出さない

「LINEで会話をしてたら『私の気持ちに気づいてるよね?』と突然送られてきたんです。その後のやりとりでやっと、彼女が遠回しに告白していたことがわかりました。確かにそれっぽいLINEは以前からありましたが、はっきり言われてないからわからなかったんです。てっきり友達だと思っていた」(29歳/男性) 告白と言っても、遠回しすぎると男性はなかなか気づきません。 中には友達関係を続けたいために「告白に気づかないフリ」をする男性もいます。 はっきりと告白をしない段階で「なぜ気づかないの?」と急にイラ立つのはやめましょう。

ストレートに

告白のやり方を間違えると、気持ちがきちんと伝わらず、関係が悪化してしまうこともあります。 堂々と「好きです。付き合ってください」とストレートに気持ちを伝えるのが、彼の心に最も響くでしょう。 (愛カツ編集部)