結婚を控える多くの女性が、彼がどのような結婚生活を想像しているのか、興味深々かもしれません。 実際に男性たちがどのように「結婚」を見ているのか、その心理を紐解いてみたいと思います。

居心地の良さを求めて

多くの男性は安心して素の自分を見せられる関係を楽しみにしているようです。 ただし、結婚後であっても相手に気を遣う心遣いは大切で、完全にだらしない状態になってしまうと困りますよね。 そんな時は「たまにはこういうことをしてほしいな」と穏やかに伝えることが鍵となります。

喜怒哀楽を共有する

一緒に生活をするということは、喜びも悩みも共にすることを意味します。 困難があっても二人で乗り越え、感謝の気持ちを忘れなければ、関係もより強固なものになるはずです。

自由への不安

お見合い結婚では、これからの生活全般にお互いが関わってくるため、ある程度の自由の制約は避けられないものです。 しかし「二人でルールを作り、お互いを尊重し合いながら生活していけることが幸せ」という肯定的な意見もあります。 相手とポジティブな視点で未来を語り合い、理解を深めていくことが大切です。

すれ違いも起きがち

「36歳でお見合い結婚をしました。お互いに子どもを作りたいと話していたなかで想定よりも早く妊娠が判明。大喜びで夫に報告すると、なぜか嫌そうな顔をされました…」(40代女性) 結婚生活は自動的に幸せになるものではありませんが、相互理解を深めればスムーズな関係構築が望めるでしょう。 (愛カツ編集部)