宮迫博之

元「雨上がり決死隊」の宮迫博之が31日、自身のYouTubeチャンネル『宮迫ですッ!【宮迫博之】』を更新。5年ぶりの地上波復帰が白紙になったと伝えた。

 

■千葉テレビが出演否定

宮迫は、2019年に「闇営業騒動」で吉本興業から契約解消され、21年8月17日放送のABEMA『アメトーーク! 特別編 雨上がり決死隊解散報告会』をもってコンビを解散した。

今月28日の動画では、5年ぶりに地上波に復帰すると報告。復帰舞台はバラエティー番組『匠の教室』(千葉テレビ)で、6月3日深夜放送予定とした。

しかし、同局は30日、公式サイトで「通告もなく外部の制作会社によって制作されたものです。よって当番組の放送の予定はありません」とコメントを発表していた。

 

関連記事:宮迫博之、5年ぶり地上波復帰めぐる報道に反応 「そんなことある?」ファン困惑

■宮迫は驚き&ショック

今回の動画では、同番組プロデューサーの髙島氏と出演。宮迫は「なくなった~! びっくり~! こんなことある? 30何年テレビ出てましたけど、初めてのことなので。ショックショック」とオーバーにリアクションしながらコメントする。

髙島氏は「本当に申し訳ありません」と謝罪。宮迫は「全然全然! 声をかけてくれたことが嬉しかったですし。仕方がないことだったのかなと思います」とフォローした。

関連記事:宮迫博之が芸能界復帰を模索? 本人と会話した陣内智則「ざっくり言ったら…」

■プロデューサー困惑「なんでだ?」

髙島氏によれば、撮影をしたのは4月23日。今月13日にコンプライアンスチェックをする会社に納品し、22日に千葉テレビに納品したという。

制作の流れはこれまで通りだったが、30日に千葉テレビのコメントがあり「僕らからしても、なんでだ? っていう。今まではこの流れで、過去にもゲストに出ていただいた。このタイミングで急に言われてしまったので、僕らも正直戸惑ってる」と話した。

また、出演情報のフライング解禁を指摘する声もあったが「これは僕らからお願いして『ぜひ(YouTubeで)出してください』って」と髙島氏は説明。宮迫も「『スタッフの勇み足だ』みたいなこと言ってる人いたけど、これは通常の流れ」と語った。

 

関連記事:蛍原徹、元相方・宮迫博之との電話のやりとり明かす 「いつ来る?」

■「存在がややこしいので…」

宮迫は「なぜだ? というのもあるんですけど。これは仕方がございません。私、存在が、取り扱いがややこしいので。『やっぱあかんか』となってしまったのはしょうがない」とコメント。

ファンと千葉テレビには「本当に申し訳ございませんでした」と謝罪し、「オファーは待っておりますので。まだまだ何も諦めておりません。ぜひみなさん、こんな存在ですけど、チャレンジ精神のある局の方はぜひ使ってみてください! 千葉テレビさんもオファーお待ちしております」と呼びかけた。

 

関連記事:宮迫博之、過去のやらかしにはAIが関係? 「もっと複雑な事情が…」

■5年ぶり地上波復帰が白紙

宮迫博之、5年ぶり地上波復帰が白紙に 「勇み足って言ってる人いたけど…」