皆さんは、パートナーの発言にがっかりした経験はありますか? 今回は「コスパを重視する彼氏」にまつわる物語とユーザーからの声を紹介します。 ※この物語はフィクションです。 イラスト:レイナの部屋【ブラックわーるど】

常にコスパを意識

節約家の主人公は、普段からコスパを意識して生活しています。 社会人になってもコスパを優先して一人暮らしはせず、実家に住み続けていました。 そんななか、友人からの紹介で彼女ができた主人公。 デートでもコスパを意識し、彼女とはいつも公園で会っていました。 ある日、いつものように彼女と公園でデートしていると…。

遊園地デートを提案される

出典:レイナの部屋【ブラックわーるど】 彼女は「誕生日に遊園地とか行きたいな」と言い出したのです。 それを聞いた主人公は「は!?」と驚きます。 そして「ペットボトル1本に200円だよ!?ありえない!」と言い…。 遊園地デートのコスパの悪さを熱弁した主人公。 あまりにケチな主人公の発言に、彼女は絶句するのでした。

読者の感想

デートにまでコスパを求められると残念な気持ちになってしまいますね…。 せめて誕生日くらいは少し奮発して、彼女の希望を叶えてあげてもいいのになと思いました。 (40代/女性)
節約することはいいことですが、そのせいで彼女の願望をも無碍にするのは悲しいですね…。 主人公との価値観の違いを感じてしまった彼女は、相当がっかりしてしまったと思います。 (20代/女性)
※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。 ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点でのものになります。 ※実際に募集した感想をもとに記事化しています。 (愛カツ編集部)